福岡市で害獣駆除業者を探すなら実績多数の【あい営繕】

福岡市でイタチ駆除をしたい!という方には、たくさんの施工実績がある【あい営繕】がオススメです。

悪臭や騒音などのイタチの被害は看過できるものではありません。

夜中に屋根裏を小動物が走り回る物音など、屋根裏への害獣侵入は頬っておくと、フン害やおしっこなどで建物が劣化したり、断熱材を荒らされて断熱の意味がなくなってしまう被害となります。

他に、害獣の住処すみかとなってしまったり、害獣の侵入で家の中が獣臭がひどくなってしまう被害があります。

イタチの被害から一刻も早く、解放されるためには「早めの駆除」が大切です。一番の早道はイタチ駆除は自分でしようとは考えず、専門業者に任せるほうが安心です。

こんなときはイタチなどの害獣侵入が原因かもしれない!

イタチやアライグマが疑われるケースとは

 

こんなことはありませんか?

 

  • 屋根裏でゴトゴトと音がする
  • どこからともなく悪臭がしている
  • 瓦に動物の足跡がついている
  • 雨どいに茶色い毛がある
  • 雨どいに引っ掻いたような傷がついている

 

イタチは、わずかなすき間から屋根裏などに侵入してたくさんの被害をもたらします。特に屋根裏に住み着くことが多く、夜になると走りまわって大きな音を出します。そして、騒音だけでなく、糞尿が原因の悪臭の被害もあります。イタチの悪臭はとてもひどく、糞尿によるものだけでなく、イタチのお尻から分泌される悪臭が部屋の中に充満するのです。

 

他にも、ペットの小動物を捕食したり、畑を荒らしたり、時には人間を攻撃することもあります。

 

一見、可愛らしいイタチですが、実はとっても凶暴なのです。イタチは様々な病原体を保有していることもあるので、病気のリスクも付きまとうのです。

 

イタチ・アライグマの害獣駆除は自分ではできない

イタチやアライグマなどの害獣駆除はとても大変で危険

中には「イタチくらい自分で駆除できる」と考える方もいらっしゃることでしょう。ですが、イタチ駆除は思ったよりずっと大変で危険な作業です。

 

住み着いている個体を駆除するだけでなく、溜まった糞尿の掃除や侵入口の特定と封鎖、そして、消毒と除菌もしなければなりません。そして、イタチが住み着く場所は屋根裏などの狭い場所…。これをすべて自分でするのは現実的ではありません。

 

そして、イタチはとても凶暴な生き物です。鋭い歯をもっていますし、壁を垂直に登ることができるほどの鋭利な爪もあります。狭く位屋根裏イタチを捕獲しようとして、イタチに遭遇して攻撃されたら、噛まれたり引っ掛れたりすることもあります。

イタチは野生動物ですから、傷口から細菌やウイルスに感染するリスクも否定できませんし、やはり、自分での駆除はオススメしません。

 

イタチや害獣の駆除なら経験豊富な専門業者【あい営繕】がオススメ

500件以上の施工実績と徹底した施工

あい営繕は、500件以上の施工経験がある害獣駆除業者です。2009年の創業以来、イタチやアライグマ、ハトやねずみ、ハチやシロアリなど、家に住み着く害獣や害虫から大切な家を守るための施工をしてきました。

 

過去の施工実績を生かして、1件1件違うイタチ被害の状況や、家の形態などにしっかりと対応できます。

 

侵入口の特定と封鎖、そして、消毒と洗浄、消臭に断熱材の入れ替えなど、イタチをただ追い出すだけでなく、被害の原因を特定します。

 

イタチから清潔で安全な住まいを守り、イタチが荒らした断熱材や、糞尿の掃除まで徹底的に行います。

 

正規登録業者で安心

あい営繕は、

公益社団法人日本ペストコントロール協会の正規登録業者ですので安心して利用できます。

また、一般社団法人福岡県ペストコントロール協会の正会員でもあります。

色々な業者選択肢があるでしょうが、ペストコントロール協会加盟の業者であれば安心していただけます。

 

見積もりは無料!アフターフォローもバッチリ

複雑な家の作りでも、経験豊富なスタッフが入念に見積もりと侵入口などの特定を行います。また、施工後は3年間の保証というアフターフォローもついています。

 

イタチを自分で駆除することはほぼ不可能といえます。あい営繕なら、経験豊富なスタッフがあなたの代わりにイタチと戦って安心の住まいを取り戻します。

 

害獣全般対応可能|アライグマ・ハクビシン・テン・ネズミ等

あい営繕なのスタッフは、イタチだけでなく他の害獣ももちろん対応可能です。イタチ以外の小動物が建物に侵入して被害をもたらしたという場合は、専門のスタッフが駆けつけて被害調査及び見積もりをを無料で行います。

 

害獣と害虫から家を守る頼もしいプロ手段のあい営繕なら、確かな技術と経験でイタチの被害を食い止め、再発防止の対策まで可能です。

関連している記事