【北九州市小倉北区】地元の業者|イタチ駆除業者のあい営繕

北九州市小倉北区の平成30年(2018年)10月1日現在の人口と区の面積は、人口が182,220人、面積が39.23平方キロメートルです。=北九州市小倉北区のホームページより引用

 

小倉北区は北九州市の都心でもあるのですが、こちらでも寒くなると天井裏(屋根裏)をイタチが夜中にゴソゴソと走り回るというご相談を多くいただきます。

 

屋根裏で夜中に建物内を走り回るのはイタチと限りませんが、害獣駆除業者の私どもに、小倉北区からご相談をいただく場合の9割以上がイタチの侵入被害のご相談です。

 

北九州市小倉北区にお住いで、イタチや屋根裏の物音にお悩みの方からのご相談をいただいた時に、当社へのご依頼の理由を伺うことがあります。

 

ほとんどの方が、小倉北区にある害獣駆除会社だったので、地元だから声を掛けやすかったと言われる方がほとんどです。

 

小倉北区は、弊社の本店所在地でもあることから、「地元のイタチ駆除業者に依頼したい」ということでお問い合わせが小倉北区は多かったのだなと再認識されらます。

 

地元に貢献したい「あい営繕」です。

 

ご相談の内容は「1階と2の間から音が聞こえてくると、思って棒で突いたりしていたら、そのうちに、壁の中からも音が聞こえてくるようになった。」というもの。

 

「天井の板に雨漏れのようなシミが出来た」等のご相談です。

 

北九州市小倉北区でもご相談の多い【小倉北区に棲むイタチの生態と被害】について触れてみます。

小倉北区でもイタチが屋根裏に侵入してしまう被害は大変多い

北九州市小倉北区の、足立山周辺でのみがイタチ被害が多いかというとそうではありません。

 

当社の本店がある小倉北区の白萩町(県立・小倉工業高校の近く)周辺の住宅地でも、夜中に天井裏(屋根裏)を動物が走り回っている、というご相談は多く寄せられています。

 

山間部も、もちろんイタチ等の侵入による害獣被害はありますが、小倉北区ではむしろ住宅がたくさん立ち並んでいる住宅地の方が被害は多数出ています。

 

小倉北区のお客様からもお問い合わせの時に多くの方が言われるのが

「周りに家はたくさんあるのに何で? うちにだけイタチが来るんでしょうか?」

です。

 

自分がきれいに掃除したり手入れしている、「家」に無断で入ってくる動物には困りものです。何でうちに来たの?と思いたくもなると思います。

 

小倉北区役所のホームページ下部にイタチ退治のバナーリンク掲載中、2019年2月現在】

 

屋根裏からの物音で多いイタチの生態とは?

小倉北区でも多く生息しているイタチの種類は、主にニホンイタチとチョウセンイタチです。なかでも数が多いのがチョウセンイタチです。

 

※以下ウィキペディアより引用

チョウセンイタチ

日本でのチョウセンイタチの生息分布地域はは対馬のみだが、現在では西日本の九州と四国、中国地区、近畿地区、そして東海地区にも生息している。ニホンイタチよりも大きいのが特徴。

 

チョウセンイタチについて

頭胴長

(オス)28から39㎝     

(メス)25から31㎝

尾 長 

(オス)16から21㎝     

(メス)13から16㎝

体 重 

(オス)650から820g     

(メス)360から430g

食べ物 

ネズミ類やエビ・カニ・ザリガニ・等や穀物。魚や鳥類も食べる。[/su_box]

 

ニホンイタチ

自然分布地域は本州、四国、九州など。ネズミ駆除を目的として伊豆諸島などでは人為的な移入など。

 

ニホンイタチについて

頭胴長

(オス)27から37㎝

(メス)16から25㎝

尾 長 

(オス)12から16㎝ 

(メス)7から9㎝

体 重 

(オス)290から650g

(メス)115から175g

食べ物 

ネズミ類やエビ・カニ・ザリガニ・等や穀物。魚や鳥類も食べる。[/su_box]

 

放っておくと屋根裏はイタチに荒らされ放題

静かな夜に突然、屋根裏から夜中に「ゴソゴソ、ドタドタ」と、聞こえる物音はそのうちに止むだろうと思いたい気持ちは良くわかります。

 

でも、棲みついたイタチが偶然に居なくなることはありません。

 

春には、イタチの交尾が始まります。この時期になると「キッキッキッ」「ドタドタドタ」といっそう物音は激しくなります。

 

そして1ヶ月位の妊娠の期間を経て4月頃になると、赤ちゃんを産んでしまいます。

 

7月頃まで子育てを続けますので、糞尿被害も強烈になるのもこの頃です。

 

断熱材の効果がなくなってしまう

寒い冬は外の冷気が室内に入り込んでしまいます。また、暑い夏は外の熱気が室内に入り込んでしまって暑くて大変です。

 

このような症状を押さえて、エアコンなどの暖房効果や冷房効果が保たれているのは断熱材があるからです。

 

イタチやネズミ、特に最も被害の数の多いイタチが侵入すると屋根裏の断熱材はメチャクチャに荒らされてしまうことなってしまいます。

 

イタチは屋根裏で糞尿被害をもたらします。

自分のテリトリーを示す為に決まった場所でフン尿をする習性がありますので、知らない間に屋根裏が動物の糞尿まみれになってしまうこともあります。

 

屋根裏での被害範囲は一ヶ所にとどまらず、屋根裏のいたるところが、被害を受けてしまって室内でも強烈な臭いがしてくるようにもなります。

 

家の中の食べ物が荒らされてしまう

外出先から家に帰ってくると家の中の食べ物が荒らされてしまっているのを見て、泥棒がはいったのかと勘違いするくらいです。

 

よく調べたらイタチが室内に入って来てテーブルの上に置いていた食べ物や、仏壇のお供え物を荒らしていったということも良くあります。

 

始めは屋根裏や床下に入ってきたイタチも、大胆に室内に侵入してくるようになるのです。

 

小倉北区でのイタチ被害はペットも被害を受けた例もあります。

イタチは雑食性です。食べ物は、ネズミ・ハト・ザリガニ・魚・カニ・穀物類などです。室内で飼っているペットが被害にあうこともあります。

 

イタチは普段、屋外を徘徊していますのでノミやダニが体に付いています

 

屋根裏や室内にイタチが侵入してしまうことで、家の住人が痒みを感じるようになり、こちらも原因はイタチだったということがあります。

 

様々な被害をもたらすイタチです。被害は最小限のうちに食い止めましょう。

 

イタチ駆除の専門業者に依頼するメリット

物音の原因を調べてくれる

夜中に走り回っているのは、北九州市小倉北区の場合で言えばイタチの可能性が高いです。しかし、必ずイタチだとは限りません。

 

物音が、クマネズミなのか、テンなのか、ハクビシンなのか、他の原因なのか、イタチ駆除業者に点検してもらうとすぐにわかります。

 

専門のイタチ駆除業者は屋根裏への侵入も慣れている

屋根裏から聞こえてくる物音ではありますが、いざ、自分で入ろうとしても暗いので懐中電灯が必要です。

また、薄い天井裏の上を歩いたり、這っていくと足を踏み外して落ちてしまう危険もあります。専門の業者に診てもらう方が自分で見るより安全です。

 

イタチ駆除に料金はかかっても解決が早い

イタチ駆除業者に依頼をする前に自分で色々とやってみたい気持ちは分かります。しかし、イタチも自分の家と思ってしまっている訳です。簡単には出ていってくれません。

 

棒でつついたり、ナフタリンをまいたりしても、しばらくするとまたすぐにやってきてしまったりすることは、ほとんどの方がそれでも、イタチはまたやって来たので相談したという方が多いです。

 

施工後の保証が付いている業者を選びましょう。

イタチ駆除業者による作業が済んでも、時として再侵入ということもあり得ます。そういう時には施工後に保証があると安心です。

 

あい営繕によるイタチ駆除の流れ

お問い合わせ お電話またはメールでお問い合わせください。

現地無料調査 平日はもちろん土日もお伺いできます。

見積り 他社との相見積もりもOK! 

ご納得があればご契約

作業の実施(追い出し含む)

お支払い

3年間の保証

 

このような流れになります。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

あい営繕が小倉北区でイタチ駆除業者として選ばれる理由

  1. 信頼の(公社)日本ペストコントロール協会、及び(一社)福岡県ペストコントロール協会の正会員登録事業所!
  2. お問い合わせから見積もり・施工・アフターまで全て自社完結!
  3. 施工業者だから出来る低料金! 
  4. 他社との相見積もり歓迎!
  5. イタチ駆除施工後は3年間の長期保証!