イタチの侵入口の探し方をお教えします(イタチ駆除の解説付)

天井裏に何かいる?

夜中に天井裏を走り回る音が気になって眠れない。

 

いつのまにか天井の板にシミができてしまった。

押入れから屋根裏を覗いてみたら強い獣臭(けものしゅう)がする。

屋根裏に上がってみたら断熱材がボロボロになってしまって役にたたなくなっている。

 

相手が見えないだけによけいに不気味に思えてしまうその正体は・・・。

 

ネズミ?イタチアライグマ?ハクビシン?その侵入者の正体は福岡県や山口県では、そのほとんどがイタチです。

イタチの侵入口はこんな所

イタチの侵入口といっても、どこにもイタチが入るような穴はないけど・・・?

 

それがあるんです。いろんな場所が。

 

イタチの侵入口を気を付けて探してみましょう!

 

わが社の作業例でご説明します。

福岡県福津市でイタチの侵入口を塞ぐ作業をさせて頂きました。

こちらのお宅も

 

「天井で物音がして気持ち悪いから見て下さい」

 

というご相談を弊社に頂いてお伺いさせて頂きました。

こちらの福津市のお客様以外でもイタチの侵入のご相談を数多く頂きます。

イタチが家に入って来るときに多いのが軒先に近い樹木、続いて雨樋(あまどい)等から来ます。その他、床下からも多いです。

 

入口にはイタチサインがやっぱりありました。

 

入口と見られるその周辺をよーく見るとラットサインならぬイタチサインがあります。

 

こういう足跡です。

 

こうした足跡をたどると何処から家に入ってきているのかのヒントになります。

 

それから、瓦の上を渡り歩いて家の中へ。足跡と汚れた体毛で瓦が汚れているのがわかると思います。

こういう場所からたやすく侵入してくるのがイタチなんです。

よくまぁ、こんな所から家の中に入れるとイタチは見つけたものです。

 

それではこの場所をズームアップしてみます。

わかり易くズームアップします。。

ズバリこちらが侵入口です。

 

イタチはお風呂に入らないので体(毛)が汚れているんですね。

そうした汚れの箇所やひっかき傷を探していくことで侵入口を見つけていくことができます。

※自宅のイタチ駆除をご希望の方はこちらをご覧ください。

 

イタチの生態を詳しく説明すると

イタチの主な被害

そもそもイタチは数十か所もあるテリトリーを転々として外で食べ物を捕獲しています。

気温が下がり始める11月頃には餌となるネズミやコウモリを探して天井裏に入ってきます。

天井裏は外敵からも身を守れる安全なのです。その後断熱材などを使って巣を作り始めます。

イタチ被害の例

①イタチは天井裏をゴトゴトと走り回るので物音がする。

②イタチは自分たちの縄張りを持つ意識が強いので同じ場所でフンや尿をします。この為に糞や尿などのによる悪臭・シミ等。気温が上がってくる梅雨時期などは強烈な臭いを放ちます。

③外で捕獲した小動物を安全に食べるために屋内の天井裏などに持ち込んできます。このために食べ散らかしたそれに他の害虫を寄せる原因になります。

④巣を作るために断熱材を好むので破り散らかす。

⑤家畜やペットを食害する。

⑥生ごみを漁ったあと散らかす。

⑦イタチの体にダニやノミが付着しています。このために家屋内にダニやノミを付けて侵入してきて、人への被害となることがあります。

 

イタチの食べ物

食べ物は主に動物食で、ネズミ・鳥・カエル・魚・カニ・ザリガニ・昆虫・ミミズだが、植物質の木の実等も食べる。

自分より大きいニワトリやウサギ等は単独で捕食することができる。逆にイタチを捕食する天敵はワシ・タカ・フクロウ等の猛禽類とキツネである。

イタチの生態

西日本のイタチで多いのは二ホンイタチとチョウセンイタチで、建物に侵入してくるのは主にチョウセンイタチと言われています。

大きさはチョウセンイタチのオスで30センチ前後、メスが20センチ前後とオスとメスとでは体が大きく違うのが特徴です。

体重はオスが300g~600g メスが120g~180g。オスはメスの約2倍の大きさです。

 

繁殖期は3月~5月頃で、交尾後1ヶ月位の妊娠期間後に出産。3~5匹を出産。多い時は10匹になることもあると言われています。

3ヶ月位で成獣となりその子供達はまた、独立して生活をします。

冬眠はせずに一年中活動する。活動時間は夜だけに限らず昼間も活動することがある。

 

数年後に別の現場で、親イタチが赤ちゃんを移動させる貴重な場面に遭遇しましたのでその時の様子をアップしておきます。

勝手にイタチは処分できないのです

イタチは増えすぎたネズミを駆除するのに人為的に持ち込まれました。

イタチに関する被害は後を絶ちませんが、イタチは鳥獣保護法で捕獲が禁止されている対象です。

安易にいつでも、どこでも、誰でも、捕獲が出来るというものではありません。

しかし、ある一定の期間だけオスは捕獲しても良いとされています。

また、申請書を提出して許可を受ければ時期に係わらず捕獲は可能です。

詳しくは福岡県在住の方であれば福岡県のホームページか各自治体に電話でお問い合わせください。

 

イタチの侵入口封鎖作業はこんな具合に 

本日の仕事の話に戻ります。

こうしたイタチの侵入口となるすき間の箇所をパンチングメタル・金網・防鼠ブラシ・等で埋めていきます。

写真のお客様宅では他にも過去に入り口としていた箇所が見つかりましたので同様に埋めていきました。 

 

こんなところもです。

この写真の場所の他、数カ所を塞いでいます。これで完璧です。

 

侵入口の見つけ方や塞ぎ方などは簡単に申し上げますとこんな感じです。

どうでしょうか?何かの物音に悩まされるというのは不安です。

一人でも多くのお客さんが夜中に天井の物音やイタチのおしっこや糞等の悪臭に悩まされる日々から開放されることを願っています。

参考になりましたでしょうか?

 

なお、イタチは保護動物になりますので捕獲をする際は時期等によって最寄りの市町村役場に許可が必要です。

参考までに福岡県の場合は

こちらを参考にしてください。

 

イタチ駆除作業は除菌・消臭も行います

こちらのお宅様では、あとの作業としてフン清掃と天井裏の除菌消臭の消毒をさせて頂きました。

 

こうやって消毒は行います。

弊社が行う消毒の除菌・消臭薬剤は酸性リン酸エステル化合物という消臭成分をメインにした消臭剤です。

この消臭成分が悪臭成分を分解し、臭いが消える効果を出します。芳香剤を使ってイヤな臭いをマスキングしてごまかす商品ではありません。この薬剤をミクロの霧状にして散布致します。

 

どうでしょうか?

イタチの被害には物音や臭いを放つなどがあります。

これをつぶすには、無断で侵入してくるイタチの侵入経路を塞ぐことが大事です。

イタチ駆除でイタチ対策の穴塞ぎの作業、除菌・消臭の様子まで、これで大体のところはご理解いただけたのではないでしょうか。

 

当社のイタチ駆除は施工後の3年保証で安心

一般的なイタチ駆除業者の中には、捕獲や侵入口作業を行って、その後にまた同じような問題が起きたらそれは追加施工料金となってしまうという業者も数多く存在するようです。

 

「低料金」のみをアピールし、イタチ駆除施工のあとに数日後や数ヶ月後に、天井裏からまたゴトゴトと小動物の走り回る音がして、施工業者に連絡を入れたら、新たに追加の彫金を請求されたという話も良く聞く話です。

 

イタチ駆除業者と駆除施工の契約前にはイタチ駆除施工後に万が一再発生した場合の保証はあるのかないのかを、しっかりと確認なさることをお勧めいたします。

弊社でも、前述の様な十分な施工を行ったあとでもお客様のご心配は、また音がしたら?また同じようにお金がかかるの?と不安がある方もあられます。

そのご心配を解決する為にも弊社あい営繕のイタチ駆除・イタチ対策は施工後に3年間の保証を付けさせて頂いています。

万一、施工後にもイタチの再発生がありましたら無料にて再施工させて頂きますのでご安心ください。

※(保証には施工内容の条件があります。)

 

イタチ駆除で費用の面は?

あとは気になる費用の面だと思います。

 

当社のイタチ駆除料金は15,800円~となっています。

 

ただし、侵入口をお客様が分かっておられて、その侵入口が高所でない1階の場合で、封鎖箇所が1ヶ所のみという場合です。

こうしたお宅も、もちろんありますがそれ以上の費用となることが多いようです。

理由は、イタチは3センチ程度の穴があれば侵入してきますので、その穴をふさがなくてはいけません。

500円玉が2.6センチですのでそれより一回り大きい穴がイタチは入ってきます。

3センチ程度となると侵入口が1ヶ所以外にもあることの方が多く、築年数が20年や30年経過してくると、穴の数も多いようです。

また汚れた天井裏のフン清掃や消毒を依頼するとなるとそれ以上の費用となります。

お客様の家の作りは1軒一軒違いますし、築年数も違います。侵入口と使われる穴は塞いでおかないとまた同じ様にイタチが入ってきてしまいます。

一度、業者に依頼したらその後も安心できる為にイタチ駆除業者を選ぶ時は、施工後に数年の保証をつけることの出来る業者を選びましょう。その為には再侵入の危険のある穴は封鎖してイタチが再度侵入しないようにしてもらうことが大切です。

 

合わせて役に立たなくなった断熱材を新しいものに変えたりしていくと別途料金ということになります。

 

詳しくはイタチ駆除業者に無料見積を依頼してみることです。

わが家に侵入している小動物が何なのかの特定から、被害状況、対策の方法、イタチ駆除の料金、その後の保証面を詳しく知ることが大切です。

 

わが社も本日の施工でご説明した福津市以外でも、北九州市、福岡市、飯塚市、行橋市、山口県下関市、またはその近郊でたくさんのお宅で見積もり、施工させていただいています。

お気軽に相談ください。

 

イタチは保護動物ですのでイタチ駆除、という言葉はどうかと思いますが、駆除というより対策です。

分かりやすくイタチの被害対策という意味でイタチ駆除という言葉を使いますが、

 

イタチ対策、

天井裏の物音、

夜中に音がする、

天井裏で鳴き声がする、

動物がいるの?、

天井の板のシミ、

部屋の動物臭、

匂いの原因、等

 

お困りがありましたらご連絡ください。

 

他のイタチ駆除業者と料金を比べてみたい

もちろんOK!です。腕のいい業者、お客様が気に入った業者、条件の良い業者、気の合う業者、そんな縁を求めて相見積もりなさるのはごく当たり前のことと弊社は理解しています。

安心して比べて頂いて結構です。

 

●「いや~、やり方書いてくれとるけど、よーわからんばい!」という、福岡市と近郊の方

 

●「いや~、やり方書いてくれとーけど、よーわからんちゃ!」という、北九州市と近郊の方

 

●「いや~、やり方は書いとってやけど、よーわからんわ!」という下関市・と近郊の方

 

弊社はイタチやその他害獣被害の現地無料見積を行っていますのでご依頼下さい。

(^^)

 

現地見積の依頼をご検討の場合は、何処に依頼するにしても早く解決したいものではないでしょうか?

お客様のお宅の、イタチがもたらしてしまう様々な問題を一日でも早く、より確実に、安い料金で解決してくれる業者を選ばれることが大切かと存じます。

 

安く済みそうだからと、料金だけで選ぶのも良くありません。

十分な下見もせずに安い料金提示をしておいて契約をしたあとに、イタチの再侵入が繰り返されて、そのたびに数万円から数十万円を請求する業者もあると聞きます。

請求がないにしても、技術的レベルが低いことが原因の再発生ばかりを繰り返す業者はプロとして頼りにならないという面もあると思います。。

 

そうしたイタチの被害以外の業者被害に合わない為にも数社の相見積もりをしたうえで依頼するようにしましょう。

信頼できる業者選びの目安として、

(公益社団法人)日本ペストコントロール協会

に加盟している事業所をお選びください。

また、当社は

●(一般社団法人)福岡県ペストコントロール協会にも同時加盟していますのでご安心のうえお問い合わせ下さい。

当社(あいえいぜん)のイタチ駆除作業と、他社のイタチ駆除作業と、

①料金や

②施工内容、

③作業後の保証、

の面で比較検討したいというお客様、お問い合わせがあればお気軽に下記のフリーダイヤルにお電話ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

m(__)m