しろありかも?の調査を下関市で


山口県下関市で白あり駆除の調査見積

「洋間にしばらく置いていた3段ボックスの下に土みたいなのが付いていて、シロアリらしい虫がいたので調査してください。」「たぶんしろありだと思うんですけど写メは撮ってます。」とのことでした。奥様からのお電話だったのですがご主人様がおられる時の調査見積の方がいいということで日曜日の本日になりました。山口県下関市は北九州市小倉北区のあい営繕本店の私共からすると以外に近く、同じ北九州市の八幡西区に行くよりも近いところがあります。今日のお客様も弊社からは近い距離でした。

 

お客様が白ありかもと言っておられた3段ボックスです。

 

これは白ありの蟻土(ギド)と言って痕跡として残すものです。それから奥様に写メを見させて頂くとしろありと分かる写真がありました。「はい、これは白ありです。ヤマトシロアリです。」と話すと「やっぱりそうですか。」ということでした。

 

家のご案内をして頂きました

お客様が心配しておられるのは、シロアリというのはある程度インターネットで調べてご存知でしたが、被害の程度がどの程度なのか?もしかして改築が必要なくらいに被害を受けていたらどうしようという事でした。家の中から外回りからご主人様と息子様とで丁寧に案内していただきました。

 

こちらの息子ちゃんがピースしてバッチリと決まって写ってくれていた写真があるのですが、さすがに顔写真掲載の了解までは、ご主人様・奥様に頂いていませんでしたので控えさせていただきました。大人のような会話を息子ちゃんがお父さんのご主人様や奥様としているのを見て「しっかりした息子さんですね~」と思わず言いました。

 

床下では

床下に入る前にお客様からこの辺りの床がフワフワしてきたのでこれも白ありに食べられているんじゃないかと思っているのですが・・・とのことでしたので「わかりました。床下から見てみましょう。」ということで早速点検です。

 

しろありがいたという洋間の下を見ると床下から建物の土台に伸びている蟻道が出来ていました。左(最初)が床面で右側(あと)が土台の様子です。やはり湿気が多い箇所が白ありの被害を受けていました。床下のこうした被害状況は家に住んでいる人では、床下に入ることは先ずありませんので気づくことはないと思います。被害に気付いてご連絡を頂いたお宅様ではありますが、意外と土台部分は白ありの食害は少なかったです。

 

 

シロアリのげんぶつ

 

そのあとに床下の他の箇所を次々に見ていくのですが、別の箇所に落ちている木屑に白ありが完食した跡がありました。それ以外は今のところは目立っての被害はありませんでした。よって駆除の処置は床下のみです。ヤマトシロアリの被害ですので当然と言えば当然ですが、被害によっては天井を点検しないといけないお宅もあります。

 

床のフワフワは白ありではありませんでした

お客様が初めに話されていた箇所を調べます。床がフワフワするという床の間と台所の床はいずれも白ありの被害はありませんでした。フワフワするのは床板が経年劣化しただけで支えている根太や大引き等の床組はきれいでした。

 

業者の選択はインターネットで調べることができます

奥様はインターネットで色々と調べておられました。細かくは聞いてはいませんが、「色々調べた」と言われていましたので恐らく、シロアリのことから使用薬剤のこと、値段のこと、保証のこと、人柄といいますか、会社柄?、業者をどこにした方が良さそうなのか等を調べておられたと思います。

 

幸いシロアリ駆除施工と床下換気扇を弊社にお任せ頂きましたので後日施工させて頂く予定です。それにしても今はインターネットで色々なことがすぐに調べられますから本当に便利になったと思います。弊社もこうした日々の仕事の様子をブログにアップさせて頂いているのも弊社としての情報公開でもあり広告でもあるのですが。いい話も悪い話もすぐに広がるインターネット。出来ればよい話を増やしたいものです。