コウモリによる被害は厄介。日本に生息するコウモリの正体とは?

私たちの身の回りには人間に害を与える動物、害を与えない動物、さまざまな動物が生息しています。

 

コウモリも人間に害を与える動物の中のひとつです。

 

みなさんはコウモリに対してどのようなイメージが浮かびますか?

 

「吸血鬼・洞窟・怖い・気持ち悪い・見るとなんとなく不吉」など、色々なイメージを持たれる方、いらっしゃるでしょう。

 

そんなイメージを持たれるコウモリによる被害が多数発生しています。

 

また今現在、世界中で感染者や死者が多数出るほど恐ろしいウイルスが流行していますよね。

 

その名も、「新型コロナウイルス」。

 

この新型コロナウイルスはコウモリが原因とも言われておりますので、コウモリはとても危険な動物なのです。

 

私たち人間に害を与えるコウモリはどんなコウモリなのか。

 

今回はコウモリの生態やコウモリが私たち人間にどんな害をもたらしてしまうのかを解説していきます。

 

コウモリがもたらす害とは?

 

コウモリも私たち人間と同じ生き物ですので、お腹が空いたらご飯を食べる・お腹いっぱいになったら休憩するなど、私たちがしている生活をコウモリもしています。

 

お腹いっぱいになりコウモリが糞をすることで私たち人間に害を与えてしまうのです。

 

コウモリの糞を直接触るのはNG!

コウモリの糞にはさまざまな有害菌が含まれているので、直接触るのはとても危険です。

 

万が一触ってしまったときは石鹸でしっかりと洗い、アルコール消毒をしてください。

 

寄生虫による健康被害

コウモリの糞の中にはノミやダニなどの寄生虫がついています。

 

ダニが大量に発生すると、感染症やアレルギーを引き起こす原因にもなります。

 

病気になるリスクがある

コウモリは色々な場所を飛び回るため、身体や糞にはさまざまな病原菌が含まれています。

 

SARS・狂犬病・エボラ出血熱など、人間を死に落とし入れてしまうケースも報告されています。

 

だから、素手で直接触るのはとても危険なんです。

 

経済的被害をもたらす

コウモリは人目がつかない暗いところで休憩や生活をするため、屋根裏・換気口・壁の中など家の中に侵入して巣を作ることが多く、コウモリが糞や尿をすることによって天井板や外壁にシミができてしまいます。

 

ここまでの記事で紹介したとおり、コウモリはさまざまな害を人間に与えてしまいます。

 

被害を受ける前に寄せ付けない対策を。

 

 

アブラコウモリは一軒家・一戸建てだけでなく、マンションなどに住み着くこともあります。

 

コウモリの体長は約4~6cmほどですが、1cm~1.5cmの隙間があればそこから簡単に侵入でき、巣を作られてしまいほおっておくと被害を受けるわけです。

 

駆除・対策方法はこちら。

 

日本に生息しているコウモリの正体

コウモリはたくさんの種類が存在しますが、日本に生息するのは2種類です。

 

その2種類のうちの1種類が日本で最も多い「アブラコウモリ」。

 

家に住み着いているのも主にこのアブラコウモリで、別名「家(イエ)コウモリ」ともいわれています。

 

アブラコウモリが主食とする餌

  • 蚊(カ)
  • ハエ
  • 蛾(ガ)
  • ユスリカ
  • ヨコバイ
  • ウンカ
  • 甲虫類

 

アブラコウモリは親も子供も、これらを主食として生活しています。

 

アブラコウモリの特徴

トンネルや洞窟とかよりも軒下や建物などを好むので、家の天井裏や換気口といったところに住み着くことが多いです。

 

民家だけでなくビルやその他の建物に住み着くケースも報告されています。

 

体長 約4~6cm
体重 約5~10kg
体色 黒やこげ茶
繁殖時期 夏。(1回の出産で1~3匹産む)
活動時期

春~秋。(暖かい気温を好む)

冬は冬眠時期。冬眠中気温によっては目覚めて活動することがある。

活動時間

日没~夜間。

夜行性なので昼間は人目のつかない暗い場所で休んでいる。

 

まとめ

今回はコウモリの知られざる生態とコウモリがもたらす被害はどんな被害なのかをご紹介させていただきました。

 

コウモリのイメージ的に「吸血鬼・洞窟・怖い・気持ち悪い・見るとなんとなく不吉」と思われる方がほとんどだと思います。

 

私たち人間に害を与える動物の中のひとつがコウモリですので、それは怖いですよね。

 

その反面少しだけ私たち人間を助けてくれている部分もありますが、やっぱり害を与えてしまうんです。

 

日本の最も多く生息し、家に住み着くのは「アブラコウモリ」。

 

アブラコウモリが家に住み着いてしまうと、先ほど紹介したような被害を受けてしまいます。

 

そうならないためにも、まずは事前に対策をしましょう。いざとなってからでは遅いです。

 

駆除・対策方法はこちら。

 

フンの清掃や消毒などはもちろんご自身でもできます。

 

ただし、素人さんがコウモリの巣を探して住み着いているコウモリを駆除することはかなり難しいのと危険を伴いますので、業者へお願いすることをオススメします。

 

福岡県の害獣駆除はあい営繕にお任せください!

福岡県で駆除ができる業者をお探しなら、公益社団法人日本ペストコントロール協会会員事業所である弊社、(株)あい営繕へお任せください。

 

もちろん調査から侵入口封鎖までしっかり行いますので、コウモリを追い出せていない状況からでも承っております。

 

  • 保証期間がついているので安心。
  • 質の高い接客対応とサービスを心がけています。
  • 調査・見積もりは無料。

 

お気軽にお問い合わせください。

☎電話:093-571-7838

📞フリーダイヤル:0120-640-551

 

追伸:Instagramを始めました。

良かったらぜひフォローお願いいたいます。

あい営繕Instagram

 

関連している記事