門司区で草刈と八幡東区で終日ベイトステーション設置、夕方より直

今日は昨日から続いています門司区での草刈と、八幡東区のK様邸でのベイトステーション設置を二班に分かれて施工させて頂きました。門司の草刈は終わったことをお客様に伝えて施工完了です。

八幡東区のK様邸では外から侵入する白蟻に対して、巣ごと根絶することができるベイト工法です。別名、維持管理型ベイト工法ともいいます。これまでも他のお客様で何度か写真もアップさせて頂いていますがコンクリートの所も設置していきます。

夕方は別に分かれて、直方市のホームページからの調査ご依頼のお客様の所へ向かいました。お約束の時間に遅れてしまい、すみませんでした。

この時期の調査見積のご依頼は被害が天井に及ぶイエシロアリが多いのですが、今日のお客様はヤマトシロアリでした。間取りの図面をを書いて、外周りと、床下を調べていくのですが、外回りの犬走りに置いておられた餅つき用のウスの台が白蟻に食べられていました。ちょうど床下を見ているときにご主人様が仕事からお帰りになられましたようで、早速別の場所にウスの台を持って行って処分なさったとのことでした。

床下は各所土壌面の蟻道が見られました。
テレビでデジカメに写した床下の写真をご説明させて頂きながらご主人様と話していたら、びっくりしました。私がホームページのブログ記事で、勝手にですがいつも参考にさせて頂いている会社が、ご主人様のお勤め先でした。はぁ!?・・・という感じでした。

こちら様は合い見積です。これは見積ご依頼の時にも言って頂いていたのでそれと理解しておりました。ご主人のお勤めの会社でも合い見積は当たり前のお仕事をされておられました。5000円や10000円の金額の違いで一億からの仕事を他所との競合で負けて悔しい思いをしたこともあると伺いました。

たったの、五千円で一億の仕事が他所に行ったりするのですか?・・・う~んきびしくシビアですね。