効果的なイタチ駆除(対策)で自宅やお庭を守る!方法の解説

「天井に住み着いたイタチにどう対策すればよいか分からない!」

「ニワトリがイタチに襲われそうになった!」

「庭がイタチに荒らされる!」

 

など、お悩みではありませんか?

 

こちらの記事では、「イタチ対策」をテーマに、次のことがわかるようにまとめてあります。

 

・自力でおこなう屋根裏、床下のイタチ対策

・イタチからペットや畑を守る対策

・専門の業者ができるイタチ対策

・イタチ対策を業者にお願いするメリット

 

自宅や庭にいるイタチを放置しておくと、どんどん被害が広がってしまいます。

イタチ対策をお考えの方は、ぜひこちらの記事をご参考ください。

 

【こんな方法があったのか!屋根裏のイタチを自分で追い出す4つの方法】

 

自分でできる屋根裏、床下のイタチ駆除(対策)!

「業者にお願いする費用がないから、自力でイタチ対策したい」とお考えの方も多いと思います。

 

こちらでは、自力でおこなう屋根裏、床下のイタチ対策について詳しくご紹介していきます。

 

・におい、光を利用して追い出す

・清掃、消毒、殺菌する

・侵入口を塞ぐ

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

におい、光を利用して追い出す。

イタチ対策としては「罠をつかって捕獲する」方法も考えられます。

 

しかし、イタチは「鳥獣保護管理法」によって守られており、許可なく捕獲したり殺傷したりすることができません。

 

許可の申請はもちろん、捕獲後の処分も手間がかかるため、「におい」「光」を利用して家から追い出す方法が素人にはおすすめです。

 

イタチの嫌いなにおいで追い出す

イタチの嫌いなにおいを発する「忌避剤」を床下、屋根裏に置くことで追い出します。

その他、「木酢液」「クレゾール石鹸」も、イタチの追い出しに有効です。(薬局、薬店で購入できます)

 

霧吹きで直接まくか、布や新聞紙に液体を染み込ませる形でご利用ください。

液体のにおいがかなり強くなっていますので、必ず薄めたものを使うようにしましょう。

 

光を利用して追い出す

忌避剤や薬剤だと、家にニオイがついてしまう可能性があります。

 

「近所に迷惑をかけたくない」「飼っているペットを刺激したくない」という場合は、光を活用することでもイタチを追い出すことができます

 

イタチは、暗い場所を好みます。

市販されている防獣ライトや電飾を使って屋根裏、床下を明るくすることで、イタチが近寄りにくい環境を作れるのです。

 

その他の追い出し方法

燻煙剤、バルサンで煙を炊くことにより、イタチを追い出す方法もあります。

 

「イタチ対策には蚊取り線香が効く」と耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、蚊取り線香では煙の量が少ないことと、火を使うために火事の危険がありますので、あまりおすすめではありません。

 

イタチの侵入口を塞ぐ

せっかく追い出しに成功しても、隙間が空いたままだと再侵入される可能性が高いです。

追い出した後は、必ずイタチが入ってきそうな隙間を塞ぐようにしましょう。

 

ニオイ、光、煙もしばらく使っていると、イタチも慣れてくるのです。(1週間が目安)

 

イタチの侵入経路としては、「屋根の隙間」「瓦の隙間」「排水溝」「床下ブロックの隙間」「エアコンの室外機の隙間」などが挙げられます。

 

3cm(500円玉くらいの大きさ)の隙間があると、イタチは通り抜けられるといわれています。

 

金網やパンチングメタル、テープを活用して、隙間をきっちりと塞ぐようにしましょう。

 

清掃、消毒、殺菌する

イタチはため糞をするため、一箇所に固まって糞尿をする習性があります。

 

また、イタチには人獣共通感染症を保有することがありますので、掃除だけではなく、消毒、殺菌まで必ずおこなうようにしましょう。

 

粉塵を吸い込んだり、目に入ったりすることで病気に感染するリスクがありますので、「全身防護服」「マスク」「ゴーグル」「手袋」は必ずご着用ください。

 

【イタチ駆除の費用はどれくらいかかる?業者と自力の場合で徹底比較】

 

イタチから畑やペットを守るための対策

イタチは、庭にいる小動物のペットや家畜(鶏、チャボなど)を襲うことがあります。

 

また、雑食動物でもあるために畑の作物が被害にあう可能性もあります。

 

畑、ペットを守るためには動物よけのネットや金網を張ることが対策として有効です。イタチはわずかな隙間も通り抜けられるため、なるべく頑丈で網目が小さいものを選ぶようにしましょう。

 

地面のくぼみによっても隙間ができやすいため、重石を乗せるなどしてネットの下の方もきちんとブロックできるようお気をつけください。

 

イタチは「ここで食糧がとれる」と学習すると、何度も侵入してきます。放置しておくことによって家に住み着かれる可能性も高まりますので、庭のイタチ対策は早めにおこなうようにしましょう。

 

イタチ駆除(対策)を業者にお願いする場合

自力ではイタチ対策が難しい場合、専門の駆除業者にお願いする選択肢もあります。

 

こちらでは、「業者ではどのような対策をしてくれるのか?」「イタチ対策を業者にお願いするメリット」を詳しくご紹介していきます。

 

業者ではどういうイタチ対策をしてくれるの?

会社によっても変わってきますが、業者がおこなうイタチ対策としては、主に以下の工程が挙げられます。

 

・イタチの追い出し

・侵入経路を全て塞ぐ

・清掃、消毒、殺菌

・断熱材、天井の張り替え

 

被害状況や家の広さ、隙間の多さなどによって変わってきますが、費用は一般的に「100,000〜200,000円」におさまってくることが多いです。

但し、これには家の広さ・イタチの侵入口の封鎖の場所・数・形状・等によっても変わります。

 

※業者は基本的に「家に住み着いたイタチ対策」がメインです。庭にいるだけの段階では対応が難しくなっています。

 

イタチ駆除(対策)を業者にお願いするメリット

上述した費用相場をみると、決して安い値段ではありませんよね。

しかし、専門の業者にイタチ対策をお願いすることで、次のようなメリットがあるのです。

 

・感染リスクを抑えられる

・怪我のリスクを抑えられる

・確実に侵入口を塞げる

 

感染のリスクを抑えられる

駆除業者では、追い出しや侵入防止だけではなく、清掃、消毒、殺菌までおこないます。

 

特に住み着かれた年月が長く、糞尿や食べかすが溜まっている場合は、業者にお願いする方が感染のリスクを抑えられることが考えられます。

 

怪我のリスクを抑えられる

イタチは凶暴な性格のため、もし仮に対面してしまうと襲われる可能性があります。引っかかれたり、噛み付かれたりすることで菌やウイルスに感染してしまうこともあるのです。

 

また、侵入経路が高所にある場合は誤って転落してしまう可能性もありますよね。

業者にお願いすることで、駆除作業における怪我のリスクを抑えられるのです。

 

確実に侵入口を塞げる

3cmほどの隙間があると、イタチは通り抜けられるといわれています。

 

もし家が広かったり、古かったりすると隙間がたくさんあることが考えられますよね。せっかく追い出しても、隙間を埋められないために再侵入される可能性があります。

 

業者にお願いすることで、イタチが侵入できそうな隙間をくまなく塞げることが期待できるのです。

 

まとめ:イタチ駆除(対策)はなるべく早急におこないましょう!

・イタチ対策としては「追い出す」「侵入口を塞ぐ」ことが大切である

・イタチから畑、ペットを守るためにはネットや金網を張ると効果的である

・イタチ対策を業者にお願いすることで「感染、怪我のリスクを抑えられる」「再侵入を確実に防げる」というメリットがある

 

イタチが長く住み着くことで、たとえ駆除に成功しても臭いがなかなか取れなくなってくることもあります。

 

また、「断熱材、天井の破損」が広がると、復旧のための費用も高くなってしまいます。

 

できるだけ早急にイタチ対策することが重要です。

 

ご自身で駆除が難しい場合は、お気軽に専門の駆除業者にご相談ください。

株式会社あい営繕では、無料でイタチ駆除の見積もりをおこなっております。

関連している記事