イタチ駆除の費用はどれくらいかかる?業者と自力の場合で徹底比較!

「イタチ駆除を業者に頼むといくらかかるの?」

「駆除業者を調べているけど費用がわかりづらい!」

とお悩みではありませんか?

 

こちらの記事では「イタチ駆除にかかる費用」をテーマに以下のことがわかるようにまとめてあります。

 

・イタチ駆除を業者にお願いした際の費用相場

・イタチ駆除の費用に幅がある理由

・イタチ駆除を市役所にお願いできるのかどうか

・自力でイタチ駆除を行う際の費用目安と注意点

 

イタチ駆除の費用が気になっている方は、ぜひこちらの記事をご参考ください。

イタチ駆除を業者にお願いしたら費用はどれくらいかかる?

イタチ駆除を専門の業者に依頼した場合、費用相場は「50,000〜300,000円」とされています。

 

この数字を聞くと「なぜそんなに差が出るの?」「値段が曖昧でわかりにくい」と疑問に思う方がいらっしゃるかもしれません。

 

費用に幅があるのは、必要な作業工程が現場によって大きく変わってくるためです。

 

※一般的な家であれば「100,000〜200,000円」位に収まってくることが多いですが、これも家の大きさやイタチ侵入口の封鎖の場所や数、侵入口封鎖の大きさや加工方法等でも変わってきます。

 

※ホームページで調べると、20,000円程度から駆除が可能となっている業者を見かけることがあります。

以下で作業工程をご紹介しますが、最低の値段の場合、多くは「イタチを捕獲するだけ」「イタチ侵入口の穴を一箇所塞ぐだけ」と最小限のサービスに限られると考えたほうが良いでしょう。

 

では、初めからイタチ駆除の最低料金20,000円~という金額表示じゃなく、イタチ駆除料金は200,000位です。と言う方がお客様に対して分かりやすいのではないかという声も聞こえてきそうです。

 

しかし、現場ではイタチの侵入口が床に開いている一ヶ所だけということもあります、その場合に他の糞清掃や除菌、消臭等の消毒も希望がないようでありましたら、20,000と消費税で完結ということになります。

 

イタチ駆除の作業工程と費用目安は?

イタチ駆除に必要な作業工程は、以下のようになります。

どの程度の作業が必要なのかは、業者の方とよくご相談ください。

 

・イタチの捕獲、処分

・イタチの追い出し

・侵入口の封鎖

・清掃、殺菌、消毒

・天井の点検、工事

 

イタチの捕獲、処分(一匹50,000円前後が目安)

業者によっては、イタチを捕獲することで駆除する場合があります。

屋根裏、床下、侵入口付近に罠を仕掛け、エサを置くことでイタチをおびき寄せて捕獲します。

 

一匹あたりで値段設定をしている場合、あなたのお家にどれくらいのイタチが住み着いているかによって値段が変わってくるのです。

 

オス・メスのつがいで2匹だけかというとそうではなく、それ以上の捕獲の数になることもあります。

 

イタチの追い出し(30,000円目安)

イタチを捕獲するのではなく、追い出すことで駆除をする方法です。

 

屋根裏、床下にイタチの嫌いな光を発光させたり、臭いを発する忌避剤を置いたり、燻煙材をたいたりすることで追い出します。

 

殺菌、消毒(6畳/30,000円目安)

イタチは溜め糞(タメフン)と言って家の屋根裏にまとめて糞(フン)や尿をして、有害なウィルスが

糞の清掃(30,000円目安)

イタチの食べかす(小動物の死骸)や、糞尿をキレイに掃除します。

 

また、イタチは人獣共通感染症を保有することがあるため、健康被害を防ぐためには清掃だけではなく、殺菌、消毒する必要があります。

 

侵入口の封鎖(1箇所/20,000円〜目安)

このイタチの侵入口の封鎖が重要で、せっかく捕獲・追い出しによって駆除しても、侵入できる穴が開いたままだと、再びあなたのお家にイタチが侵入してくることが考えられます。

 

忌避剤や燻煙材は一時的に追い払うことができますが、しばらくするとイタチも慣れてしまうのです。

「床下ブロックの隙間」「屋根の死角」「排水溝」「瓦の隙間」などを、金網やパンチングメタルで塞ぎます。

 

塞がないといけない隙間がどれくらいあるかによって、費用に差が出てくることが考えられます。

 

天井の点検、断熱材の交換工事(坪/10,000円目安)

断熱材の交換(イタチに荒らされるため)、糞尿によって汚れた天井の張り替えも業者にお願いできます。

 

天井の被害状況によって、修繕費用が変わってくることが考えられます。

 

イタチの駆除は市役所にお願いできる?

「市役所に頼めばイタチ駆除をやってくれるの?」とお考えの方も多いと思います。

 

市町村によっては、行政の方が駆除してくれる場合もあるようです。

 

しかし、役所に相談しても「駆除方法のアドバイス」「罠の貸し出し」「駆除業者の紹介」にとどまり、結局は自力で駆除をするか、業者にお願いすることになる場合が多くなっています。

 

自分でイタチ駆除する方法と費用

イタチは鳥獣保護管理法によって守られているため、許可なく捕獲したり、殺傷することができません。(業者は害獣を捕獲できる資格を持っています)

 

そうなると、自力でイタチを駆除する場合は、「天井裏、床下からイタチを追い出す」「侵入できる隙間を塞ぐ」方法が考えられます。

 

駆除に必要なものと値段の目安は以下のようになります。

 

・燻煙材(バルサン):1000〜2000円程度

・忌避剤:1000〜2000円程度

・金網:2000円程度

・軍手、マスク:数百円

・ゴーグル、全身防護服(清掃の際に望ましい):安いもので2000円程度

その他、消毒剤を合わせても大体10,000円程度に収まってくることが考えられます。

 

また、イタチに住み着かれた年月が長く、断熱材の交換や天井の張り替えが必要となる場合はプラス30,000〜40,000円程度が必要です。

 

したがって、自力でイタチ駆除をした場合の費用目安は10,000〜50,000円程度になるといえます。

 

自分でイタチ駆除を行う際の注意点

自分で駆除する場合、業者にお願いする場合と比較して金額面では大きく節約できることがわかりました。

 

しかし、自分でイタチ駆除を行う場合は、次のことに注意する必要があります。

 

・穴を確実に塞ぐ

・高所での作業は転落に注意

・感染に気をつける

 

イタチはわずかな穴からも侵入する

イタチは3㎝程度(500円玉くらいの大きさ)の隙間があると通り抜けられるといわれています。

 

わずかな隙間も見逃さないことが重要です。

 

転落に注意

 

床下の作業なら問題ないでしょうが、瓦や屋根の隙間を埋めるためには、高所での作業が必要になります。

 

気をつけないと、転落して大怪我をしてしまうリスクがあります。

 

感染に気をつける

特に清掃時なのですが、イタチの糞や、食べ残した小動物の死骸から舞った粉塵を吸い込むことで「サルモネラ菌」「レプトスピラ菌」「ハンタウイルス」といった有害な菌やウイルスに感染するリスクがあります。

 

手袋、ゴーグル、防護服を装着し、感染しないよう十分に注意しなくてはいけません。

 

イタチ駆除を自力で行えるケース、業者にお願いしたほうが良いケースは?

駆除にかかる費用と手間、リスクを照らし合わせると、「自力でも駆除できる場合」と、「業者にお願いしたほうが良い場合」は次のように分けられます。

 

予算の問題もあると思いますが、ぜひ駆除方法を決める際の参考にしてみてください。

 

自力でもイタチ駆除を行える場合

自分でイタチ駆除をする場合、費用を安く抑えられますが、その分「転落」「感染」のリスクを考えないといけません。

 

よって「侵入経路が低所にあると判明している」「住み着かれてからの年月が浅い(糞尿も少ないことが考えられるため)」といったケースでは、自力で行っても転落、感染のリスクは低いといえます。

 

イタチ駆除を業者にお願いした方がよい場合

「建物が古く隙間がたくさんある」「屋根、瓦(高所)の隙間から侵入されている可能性がある」「住み着かれての年月が長い」場合は、専門の業者にお願いするほうが安全かつ確実だと考えられます。

 

まとめ

・イタチ駆除を業者にお願いする場合、費用相場は「100,000〜200,000円」程度になることが多い

・自分でイタチ駆除をする場合、費用は「10,000〜50,000円」程度になる

・自分でイタチ駆除をする場合は「再侵入」「高所からの転落」「感染」のリスクがある

 

イタチ駆除を業者にお願いする場合、必要な作業工程や被害状況によって費用が変わってきます。

 

自力ではイタチ駆除が難しい場合、専門の駆除業者に相談することをお勧めします。

株式会社あい営繕では無料でイタチ駆除のお見積もりをしていますので、お気軽にご連絡ください。

アイちゃん

調査・見積無料!

タイトルとURLをコピーしました