イタチ侵入口の穴塞ぎ


今日は小倉南区にてイタチの侵入口の封鎖作業でした。こちらの現場はリフォーム会社様からのご依頼で、「施工後、施主様から天井の物音で相談を受けたので、あい営繕に対応を依頼したい」ということでした。有難うございます。 施行は、①2階の天井裏のフン清掃 ②1階と2階の間の中天井と2階天井裏の除菌消臭 ②7ヶ所の侵入口塞ぎを行わせて頂きました。 ①のフン清掃は人が入れる範囲でフンを片付けます。天井裏の板を踏み抜かないように足場板を入れて作業することもあります。②の除菌・消臭は写真のようにミスト機により除菌・消臭剤の散布で1階と2階の天井裏に散布。ミスト機での散布は簡単に言えば、業務用ファブリーズです。テレビのCMで、テニスの松岡修造がシュッシュッっとやってるあれのことです。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA そして③の侵入口塞ぎは金網やメタルの板を使って加工して取り付けます。目立たない様に床下から作業したかったのですが、この場所の床下は入れませんでしたので外からこのように加工しています。 屋根の所の一部はこうやってアミを詰めます。瓦をよく見ると足跡が分かります。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA こうした場所が他に5ヶ所です。 当社のブログをご覧いただいている方が、夜、寝静まった頃に何処からともなくゴソゴソという音に悩まされたり、天井裏に入り込む害獣等の対策なんかが、ご自分でも作業できるヒントになれば幸いです。手に負えない様でしたら私共、あい営繕にご依頼ください。よろしくどうぞ。