コウモリが来る家の対策は?コウモリに好かれる家の特徴も徹底解説

コウモリはイタチやハクビシンなどと同様に、家に住み着いてしまう動物です。

 

「ベランダにコウモリのフンがあって臭いもキツイ」

「夜に屋根裏から羽音がして眠れない」

「コウモリが近くにいるのは不気味だ」

 

といったような、お悩みはないでしょうか・・・

 

福岡県の害虫・害獣駆除業者の(株)あい営繕です。

今回こちらのページでは、「コウモリが来る家」をテーマに

 

  • コウモリが家に来た際の注意点
  • 家に来たコウモリの対処法
  • コウモリが家に来るのは、スピリチュアルな意味があるのかどうか
  • コウモリに好かれる家の特徴

 

がわかるようにまとめてあります。

 

コウモリかどうか分からないけど、同じ場所に落ちている小さな黒い粒は、もしかしてコウモリかも?という方もお役に立てる記事と思います。ぜひ、最後までご覧になってみてください。

 

コウモリが家に来る原因は?その原因と撃退方法をプロが解説!

 

コウモリへの攻撃、捕獲は法律で禁止されています!

コウモリが来る家の対処法をご紹介する前に、まずお伝えしたいことがあります。

 

それは、「コウモリは鳥獣保護管理法によって守られている」ということです。

許可なく捕獲したり、傷つけたりすると罰則を受ける可能性もあります。

(1年以下の懲役、または100万円以下の罰金)

 

コウモリが家に来ても、危害を加えないようにご注意ください。

 

コウモリが来る家はどのような対処をすれば良いでしょうか?

家に来るコウモリは、基本的には次の3ステップで対処しましょう。

  • 忌避剤、燻煙材、光などを使って追い出す
  • フンの清掃、消毒をする
  • 侵入経路を閉じる

 

それでは詳細をみていきましょう。

 

家からコウモリを追い出す

コウモリ用の忌避剤(スプレー、ジェル)、燻煙材、ライトなどを活用して、家からコウモリを追い出しましょう。

上述したようにコウモリは法律によって守られているため、見つけても絶対に触れないようにしてください。

 

フンの清掃、消毒をする

コウモリは非常に不衛生で、人間に健康被害を及ぼす、細菌やウイルス、寄生虫が付着しています。(海外では、コウモリからの感染症によって死亡した例もあるようです。)

 

フンがあるようでしたら綺麗に清掃し、コウモリが潜んでいた場所、触れた箇所は必ず除菌、消毒、消臭を行うようにしてください。

 

粉塵を吸い込んだり、肌に触れたりすると危険なため、作業中は必ずゴーグルやマスク、手袋、全身防護服を着用するようにしましょう。

 

コウモリが持つウイルスは怖い!?棲みつかれたら早めの対策を!

 

侵入経路を閉じる

せっかくコウモリを家から追い出しても、隙間が空いていると再び侵入してきます。

  • 屋根裏
  • 壁の穴
  • 通気口、換気口

 

など、コウモリが入ってきそうな隙間は、金網やパンチングメタルなどを使って封鎖するようにしましょう。

 

コウモリは一円玉の幅程度の隙間があると、カラダをすり抜けられるといわれています。

小さな隙間も見逃さないよう、お気をつけてください。

 

コウモリが来る家は縁起がいいの?

「コウモリが家に来ると、何かいいことがありそう」

または、

「コウモリが家に来るのは、何か不吉なことが起こる予兆じゃないか?」

 

といったように、「コウモリには何かスピリチュアルなメッセージがあるのでは?」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

この点について、結論から先に言いますと、

「コウモリは文化によっては幸運ととらえる場合もある。しかし早めに追い出した方が良い」

になります。

 

コウモリは中国で縁起のいい動物とされている

コウモリは漢字で書くと「蝙蝠」です。

 

「幸福が遍く(あまねく)広く行き渡る」という意味の「遍福」と「蝙蝠」の発音はともに中国語で「ピエンフー」になります。

 

縁起のいい言葉と発音が同じになるため、中国ではコウモリは幸福をもたらす、おめでたい動物として扱われているようです。

 

日本でも中国の影響を受けて、コウモリを「幸盛り」「幸守り」と漢字を当て、縁起物として捉えられることもあります。

 

しかし、そういった考え方は、あまり一般的には普及していません。

 

ちなみに西洋では、コウモリは不吉の象徴として、あまり良いイメージを持たれていないようです。

確かにコウモリは、ドラキュラのそばを飛んでいる不気味なイメージもありますよね。

 

コウモリとの共存は難しい

お年寄りの中には、「コウモリは幸せを運ぶ動物だから、家から追い出してはいけない」と考えている方もいらっしゃるみたいです。

 

しかし、家に来たコウモリを放置すると、次のような被害が起こるおそれがあります。

  • 夜中の騒音
  • 細菌やウイルスによる健康被害
  • 糞尿による臭い、家屋への被害

 

コウモリは夜行性のため、夜中に活動的になります。

屋根裏に住んでると、騒音によって睡眠が障害される可能性がありますよね。

 

また、コウモリには人体へ有害な細菌、ウイルスが付着しているため、放置すると健康被害が起こるおそれもあります。

 

加えて、糞尿によって天井や壁が腐ってしまうと、お家の建て替えが必要になる場合もあります。

 

これらのことを考えると、たとえ縁起が良くてもコウモリとの共存は難しく、いち早く追い出した方が良いと言えるでしょう。

 

コウモリが来る家の特徴は?

コウモリは暗くて、安全な場所に寄り付きます。

その点から、隙間が多く、屋根裏や壁の間に侵入しやすい「古い家」がコウモリに好まれます。

 

しかし、古い家でなくても次の要素があると、コウモリが寄り付きやすいです。

  • 風雨をしのげて、ぶら下がる場所がある
  • エサとなる虫が多い
  • 瓦屋根の家

 

風雨をしのげて、ぶら下がる場所がある

コウモリはぶら下がることで、カラダを休めます。

そのため、風雨がしのげてぶら下がれる場所があると、休憩場所にされる可能性があります。

あなたのお家が休憩場所になっているようであれば、忌避剤を置いてコウモリが近寄らないような工夫をしましょう。

 

街灯や水場がある

街灯や水たまりなど、家の近くに虫が大量に発生していると、コウモリが寄り付きやすくなります。

コウモリは、主に昆虫をエサにしているためです。

 

コウモリの休憩場所になりやすい、軒下や物干し竿の近くには水場を作らないよう、特に注意しましょう。

 

瓦屋根の家

瓦の下にある隙間は、コウモリの住処にされやすいです。

特に瓦がずれていたり壊れていたりする場合、早急に修理する必要があります。

 

まとめ:コウモリの対処が難しい場合は専門の業者へご相談ください!

  • コウモリを見かけても、うかつに傷つけたり、捕獲したりしてはいけない
  • コウモリへの対処は家から追い出して、隙間を埋めるようにする
  • コウモリは文化によっては縁起がいいといわれるが、早めに追い出した方が良い
  • 虫が多く、隙間の多い家はコウモリに好かれやすい

 

コウモリが来る家では、早急に追い出して、侵入できる隙間を埋めるようにしましょう。

もし、ご自身で対処が難しい場合は、専門の駆除業者に相談することをお勧めします。

 

株式会社あい営繕では、20年以上の害獣駆除の実績があります。

無料見積もりも行っておりますので、コウモリでお困りの方はお気軽にご連絡ください。

 

コウモリの追い出しから、清掃、消毒、侵入口の封鎖まで、しっかりと対応させていただきます。

関連している記事