シロアリの再消毒を北九州市小倉南区にて


弊社とお付き合いの継続

5年前に白あり消毒をして頂いていたお客様で、再度白あり消毒5年の継続の為の予防消毒を施工させて頂きました。どうも有難うございます。これから先の5年で弊社(株)あい営繕は更に充実したサービスをお届けして、お客様が弊社とお付き合いのあることを誇らしく思って頂ける、そんな会社になります。

 

「あい営繕でやってもらってて良かった。」そう思って頂くためには弊社全員が、お客様の家を守ってさしあげたいという使命感と持って作業にあたることと、日頃の地道でまじめな仕事の追及でしょうか。

 

現実の現場で大切なのは汚さない為の養生から

 

 

本日は同時に床下換気扇の設置

白あり消毒と同時に、、床の風通しの改善で床下換気扇を設置させて頂きました。以前にも設置のご相談をこちらのお客様では頂いていたのですが、「5年の切り替えの時にするようにしましょうかね」と申しあげておりましたので、今回同時に施工させて頂くことになりました。窓を開けて換気するようにはいかないのが床下です。昔の日本家屋なら高床で風通しも良かったのですが今はそうはいきません。中には家のすぐ外側に塀があるためにさらに風通しが悪くなってしまっているケースもあります。またこれから先、気温が下がると家でもストーブをつけることが多くなりますが、家の中と外との温度差で発生する結露も見えない奥や床下にカビを広げることにもなります。

 

アルミサッシと床板の木材が設置しているところが結露で水腐れを起こしてしまっているというお宅様もあります。そのような場所が今度は白ありの被害を受けることにもなってしまいます。しろあり、特にヤマトシロアリと床下の湿気とは切っても切れない関係でもあります。

 

 

お客様が今後も弊社を頼りにして頂けるように、付かず離れず今後もお付き合いさせて頂きたいと思います。