夜中に天井裏で動物みたいな小さい鳴き声や走る音がするとき

ネズミ?・・イタチ?・・人間?・・まさか泥棒?・・夜中に何かいるような物音が天井裏から聞こえてきたら不安でたまりませんよね。正体がわからないことがかえって不安になります。こういう時は西日本では8割位がイタチが棲みついていることが原因です。他にはアライグマ、ハクビシン、テン、等が考えられます。特に弊社にご相談を頂くのは福岡県の福岡市や北九州市で屋根裏の物音のご相談内容で多いのがイタチです。なかには気になって一晩中眠れないという深刻なご相談も寄せられています。その様子の一コマを北九州市小倉北区のお客様宅のご相談で解説させて頂きます。

屋根裏の物音がするというご相談内容

屋根裏で物音がするので調べて下さい」というお問い合わせを北九州市小倉北区のお客様からご相談をいただきました。「夜中から明け方にかけて天井裏をすごい勢いで動物か何かが走ってる。ここ二か月くらい前から天井裏で音がしていたけど昨夜は特に激しかったので気になって眠れなかったです。」との事でした。小倉北区では最近天井裏の物音のご相談が続いています。

 

インターネットに詳しい方からの問い合わせ

こちら様の娘様がインターネットに詳しい方で、天井裏の物音のことで相談するにはどの業者が良いだろうかと、福岡から北九州方面でネズミやイタチのことで相談できる業者を色々と候補をあげてお調べになったそうです。その中からここがいいみたいということで、弊社(株)あい営繕をお選び頂いてご相談頂きました。大変光栄です。

 

先日は同じ小倉北区で、何でも自分で気にいるようにやらないと気が済まないという職人さんなみの器用さを持って施工の匠みたいな仕事内容に目の肥えた方。今日は会社選びという点でインターネットに詳しく比較検討を十分して選ぶという目の肥えた方。こうした方に選んで頂けたことに感謝です。益々はげみになります。(ちなみに私は随分禿げてきてますけどね(^^)/)

 

早速天井裏の点検です。

天井裏にあがると「特に昨夜が音と鳴き声がひどかった」と言われるその主なのかは断定できませんが断熱材が荒らされていて、血の跡と思われる赤いものが断熱材についています。

 

 

家の外回りの点検

侵入口の特定の為に家の周りを点検します。見ていくのは

①足跡はないか?

②汚れはないか?

③自分がイタチ君だったら何処から侵入するか?

そんなことを気にしていきながら見ていきます。

 

侵入口はたとえばこんな場所

そうして見ていくと何か所か候補の場所が見つかってきます。その中の一つがこういう場所です。波板に接している白いサイディング壁に汚れが付着していました。そして右側の写真は望遠で近づけて見てみると、そこには軒天が外れています。こうして侵入口を探していきます。

 

 

他にも見方は色々とありますがこんな具合に侵入口の特定をすすめていきます。侵入口の特定はこちらにも掲載していますので良かったらご覧ください。

 

弊社の施工金額もネットで調べてご存知でした。

こうした侵入口の説明、穴を塞ぐ説明、除菌消臭の説明と、お客様へご説明させて頂きながら、施工金額の一つ一つを言いにくそうに慎重にさせて頂きますと、お客様が「全部をやってもらうと10万位かかるんでしょ?娘がそれくらいかかるとホームページに出てるよ!と言ってましたから。」ということでした。そうでした、お客様の娘様がインターネットで施工内容や施工金額と調べたうえでのご依頼というのを忘れていました。それにしてもインターネットというのは、お客様側からも選んで頂いた業者からも話が早いですよね。と思った次第です。

 

たくさんの方に選んで頂けるだけの ①営業努力と情報提供 ②施工ノウハウのレベルアップ ③アフターと、努力してまいります。