遠賀郡遠賀町にてヤマトシロアリ駆除


しろあり駆除を遠賀郡遠賀町にて施工させて頂きました。こちら様は、弊社の協力会社のリフォーム会社様からのご紹介で数日前に、床下に入ってしろあり被害の調査見積をさせて頂いていました。お客様との打ち合わせで本日の施工となりました。

 

遠賀町はイエシロアリの大変多い所です。お伺いする前にはイエシロアリじゃなかったらいいけどと思いながら伺いましたが、ヤマトシロアリでした。イエシロアリでもヤマトシロアリでも十分な駆除施工を行うのですが、施工方法がヤマトシロアリとイエシロアリでは変わってきますので、シロアリの種類は何なのか?は大変重要です。

 

床下の施工は入口周辺の養生からしっかりと行います。

 

 

床下に入って被害部及び周辺箇所の穿孔処理です。これは薬剤を入れる穴を開けていく作業です。しろありは表面というよりは内部を食害していきます。このために表面から見た目には被害がないように見受けられることもありますが、ドリルで穴を開ける時の感覚で被害があるなしを見分けていくこともあります。

 

 

上の写真で風穴が見えるのがありますが、換気口が外れていました。床下に小動物が入って来る可能性がありますので、他の換気口もアミを貼らせて頂きました。

 

 

白あり駆除の表(おもて)周り処理です。玄関周辺と、こちら様はトイレが埋まったタイプの作りでしたので土間に穿孔処理をして薬剤を注入していきます。

 

 

最後は被害部や土壌面の処理です。白あり駆除を行う時は現在いるしろありを駆除することはもちろんですが、将来白ありが再侵入しないように施工していきます。

 

 

他に6月の夜に茶色い羽ありとして出るイエシロアリの場合は、先に駆除のみを行う施工方法があります。詳しくは現場にてです。