不動産売買に絡む白蟻調査


今日は朝からずっと雨でしたね。本日は北九州市小倉南区にて、不動産会社様よりご依頼のあった建物の白蟻調査と、八幡東区にてイタチのアフター施工をさせて頂きました。

 

白蟻調査の方は、白蟻の痕跡がありました・・・。これは被害が見つかると(アチャー!)という感じです。なぜなら私共は、売主様と買主様とを仲介なさる不動産会社様の付加価値の一つとして取り扱い物件である「家」の白蟻被害を調べさせて頂いています。 被害がそこで見つかると、「家」を売る側にとっても、買う側にとっても好ましい結果ではないんですね。

 

ただお伝えするべきことはもちろん襟を正して「こうでしたよ」という事実のみの報告を行います。そのうえで更に聞かれれば「今後はこういうことが考えられます」と、経験を加味して近い将来のことを報告させて頂きます。もちろんデイリーワークも同じですが。 白蟻調査したら白蟻消毒の仕事はもちろん頂きたいです。でも、白蟻の被害がどうなのか?ということについては、白蟻消毒の仕事が遠のいてでもありのままを報告します。やっぱり、そこは「プロ」です。 不動産会社様も一般のお客様も、私共の「小倉営繕サービス」に求めておられるのは「専門家の診断」です。この通りの報告をしていきます。

 

夕方は八幡東区のお客様でイタチの処置後のミストファンによる消毒です。

 

こうして大変だった本日の業務も終わりました。どうもお疲れ様でございます。