北九州市と周辺の遠賀郡でも、イエシロアリと羽アリがあちこちで!


ビックリするほど大食漢のイエシロアリ

今日は先日配電盤にベイト剤を投与している遠賀郡のRCの大型物件にベイト剤投与後2回目の点検です。2週間で、3センチ×3センチ×17.5センチのベイト剤(薬剤付きの木片)を殆ど食べてしまって完食です。残ったのは外側のフィルムだけです。凄い大食漢です!

新たにもう一本追加投与をしました。

 

もう一回言います。2週間で、3センチ×3センチ×17.5センチの木片をイエシロアリは完食しています。

 

家の柱がこれだけ食べられるのかと思うとぞっとします。 ベイト剤は脱皮阻害剤です。白蟻は一年に1~2回位の脱皮をします。一年と言っても冬場は殆ど活動が鈍いですから脱皮そのものは春~夏の活動期が主です。従って、約半年に一度の脱皮ということになります。通常の状態では死にませんが、脱皮が出来なくなって死にます。色は白蟻が白く濁ったりして死んでいくのがその状態です。

 

新たなベイト剤を設置して、周囲のベイトステーションをモニタリング(経過観察)をしてこちら様の現場を後にします。

 

シロアリ駆除の料金をこちらに記載しています。

 

昼からは八幡西区の不動産会社様のお客様でイエシロアリ駆除工事です。

 

 

こちら様の駆除工事をしていたら

羽アリが偶然群飛の時でした。写真がそれです。

ごらんの様に明りに集まってきます。もう、耳や、目や、鼻の廻りを、ヒラヒラヒラと、うらめしいくらいたくさんの数で飛びます。襟の中にも入ってきて服の中でモゾモゾと動きます。あ~っ気持ち悪い!さすがに白蟻業者の私たちも気持ち悪いのは同じです。

 

出ている元を良く見てみると 、なんとそこは土に見えますが良く見ると、地面に直においていた古新聞です。そこに白ありは巣を作っていました。ビックリします。そこからどんどん、茶色のハネアリが出てきています。

写真に写っているのはこれだけですが、写っていない範囲も含めて何千というこの羽アリが飛びました。

 

「うわ~っ!!!」

これはその場に居合わせた家の奥様の感嘆詞です! その後もハネアリはどんどん増えていきました。ただ、私たちもずっとそこばかりを長い時間、見ているわけにもいきませんので、シロアリ駆除施工の続きを床下、天井と手分けして行わせて頂きました。

 

シロアリ駆除作業が終わった後に

一旦羽ありは落ち着いたかにと思われました。工事が済んでお客様にも念を押してアドバイスさせて頂きます。「奥さんいいでしょうか、今日は薬剤を入れたばかりですので、もしかしたら昼間に出た以上に今夜も羽ありが出るかもわかりません。もし、出たらビックリなさると思いますが電気を消したりしたら随分違っても来ますので、それをやってみて下さいね。」

 

「それと飛んでいる羽ありに殺虫剤を吹き付けるのは問題ありません。ただ、出ている箇所が家の中にもしあればそこには吹付無いようにお願いします。」そうやって申し送りをお客様にして夜遅くではありましたが失礼しました。実は次の点検現場があと一軒だけ残っていました。

 

さっきまでのお客様宅で携帯に電話が入り、「遅くなってもいいので今日必ず来てください」と言われており、今からお伺いしますがいいでしょうか?と了解をもらって次のお客様宅へ向かっていました。

 

 

ドラマの様なやり取りが

しばらくすると、先ほどの現場の奥様から携帯に電話です。

「羽ありが!」

 

「わぁ~っ、いや~っ!」

奥さんの羽ありが出てからの驚きの声です。びっくりしておられる様子です。良くわかりますが、今日のこの状況では引き返してあげることもできません。もうこの時点でお伺いしてしてあげられることは何もないのです。すみません。

 

 

「ご飯も食べられませ~ん!」

 

 

「どうにかできませんか!」

 

殺虫剤を買ってこようと思いますがどうでしょうか?」さっきの写真の様に電球の周りをたくさんの羽アリが飛んでいたように、今度は家の電気の明かりの周りにいっぱい飛んでいるとのことでした。お気持ちを察します。

 

私:「すいません、未だこれからたくさん出ると思いますが、明かりを消して済むようでしたらお願いします。それから、殺虫剤は飛んでいる羽ありには効果的です。それかハネアリの多いところに水を張った洗面器を置いておいてみてください、そこに飛び込んでくれることもあります。ただしすいませんが、必ず入るとは限りません。と、応急処置をいくつかアドバイスさせて頂きました。

 

「それくらいが今日の最善策です。 今日、入れている薬剤が廻りますので、羽アリが出る時期と合わせて見ても今日がピークの筈です。お客様申し訳ありませんが、もう少しご辛抱を何卒、宜しくお願い致します!!!」  そう、願うばかりでした。<m(__)m>

 

今日の仕事を終えて思うこと

仕事を終えて夜遅くになって事務所に戻り、疲れがどっと出ました。困っている人に役に立ってこその専門業者である筈なのに・・・白あり屋の無力さを痛切に感じました。助けを乞われて、役に立ってこその白蟻業者やろ????? とっ、自問自答。。。。  何処の白あり屋がやっても同じなんやから???それではダメだべ。 なんか考えねば。。 岩永さん!ありがとうねっ!と言うてもらわんことには仕事やっとる意味がありません。 しょうがないでは進歩ありません。今、わんさか出ているシロアリの羽ありの不快さを今、取り除いてさしあげる方法は???どうすれば・・・