若松区でイエシロアリ駆除工事でした。


パッと見で分からないことも

昨日に引き続き北九州市若松区のK様邸での施工でした。最初にお伺してから行ったシロアリ調査の時には被害の痕跡はイエシロアリの食害の跡なのですが、白蟻の現物が確認できておりませんでした。ヤマトシロアリは現物を確認しておりましたがイエシロアリに関しては痕跡は明らかにイエシロアリ被害ということのみでした。

 

作業に入った後にわかることも

ところが、本日トイレが侵入できなかった為に、ブロック基礎をブロック一個分開口したところ、そこに出来てる蟻道の中にイエシロアリの兵蟻と職蟻が隠れていました。しばらくすると兵蟻がゾロゾロ出てきました。イエシロの兵蟻は攻撃性が強く、手にも噛み付きます。その際に兵蟻は防御物質の白い粘液を出すのが特徴です。

自分もシロアリになります。

このシロアリはどこから侵入したのか、今、目の前に出来ているシロアリの道はどこまでできていて、他の箇所のシロアリ棲息はないか、シロアリと会話する気持ちで施工に当たらなければいけません。