八幡西区で茶色の羽ありになるイエシロアリの調査見積


イエシロアリの多い八幡西区

今日はイエシロアリの調査見積を北九州市八幡西区のお客様でさせて頂きました。近隣は八幡西区の中でもイエシロアリの多い地域です。この辺りのお客様からシロアリ駆除のお問い合わせを頂いた時はヤマトシロアリでなく、天井まで被害の及ぶイエシロアリのお問い合わせが多いというのが、経験でわかるのですが、本日がそれでした。

 

上の写真はトイレと、押入れの上の天井被害部です。こちらのお客様も外から見たら新しくて綺麗なお宅に見えます。シロアリがいるとか言われても「うそやろっ?」と言うくらいの綺麗なお宅様です。

 

最近になってきてトイレの枠木部分がどうも変形してきたから、もしかしたら白ありがいるのかなと思って枠木を触ってみた。そしたらそこにシロアリみたいに白い小さい虫が何匹かいたのでびっくりして、奥さんが殺虫剤を慌ててまいたとのことでした。奥さんは「殺虫剤はまかない方がいいらしいですね?後から知ったんよね~。」と、ネットで色々と調べておられました。

 

後日談ですが別のお客様宅でイエシロアリの羽ありの動画を映しています。参考にして下さい。

 

シロアリの種類によって処置方法が変わってきます。

トイレの柱にいたシロアリはわかります。でも、それがもしヤマトシロアリなら今回の仕事はお引き受けすることはなかったと思います。費用対効果と申しますか、床下からのシロアリ消毒や床上から小さい穴を開けて薬剤を廻すシロアリ消毒が可能であればお引き受けします。でも、それが出来ない建物となると、ヤマトシロアリに対してはやることは、専門業者の私共も、お客様が殺虫剤をまく行為もさほど変わらないのであります。それならば、お客様のお家ですのでシロアリの駆除に費用のかからぬようにした方が良いのです。

 

イエシロアリでした。

最後の手段で、ご主人様・奥様からトイレの枠木を剥がすことを了解頂きましたので、バールを使って枠木をめくります。そーっと・・・どれどれ・・・、虫が動いています。シロアリです。シロアリがいました。恐らくイエシロアリだと思われますが、お客様に示す根拠がありません。壁の中にいるしろありを数匹捕まえて確認します。この時点で働きアリを見てイエシロアリだと私は分かります。お客様にも分かるように兵蟻を捕まえて白い分泌物が出るのを確認して、これがお客様にもイエシロアリだとわかるように説明します。

 

お任せ頂きました。

お客様もネットなどで調べてイエシロアリがどういう性質の白ありかはご存知でした。建物全体に被害の及ぶしろありの種類、それがイエシロアリです。お客様には今後の処置の仕方を報告させて頂き、もし弊社(株)あい営繕で施工を行った場合はこのような方法で、金額はこうなりますということを、ゆっくりと分かりやすくご説明させて頂きました。そして最後に「他社に見積とられてももちろん結構ですよ、比べて頂いていいんですよ」とご説明。ご主人様、奥様は「お宅にお願いしますよ」とのことでした。どうも、有難うございます。ご満足のいく施工とアフターをさせて頂きます。

 

梅雨時期は多くなります。

梅雨が近づくと茶色の羽ありになるイエシロアリが出始めます。今日のお客様のように羽ありが出た訳ではないけど、シロアリがいそう。というご心配もこれからの時期はシロアリが活発に動き出しますので特に増えて来ます。弊社では充分な知識と経験がありますので、ご安心の上お問い合わせください。

同じ北九州市八幡西区のお客様宅での、イエシロアリの調査の様子をアップしています。ご参考にして下さい。