シロアリ駆除消毒と予防消毒の違い

今日は昨日の続きで北九州市門司区のお客様邸でシロアリ駆除施工をさせて頂きました。シロアリ駆除消毒と予防消毒の違いは施工方法や金額の違いなどですが、施工する者としての違いは穿孔処理と言ってドリルで穴を開ける作業時の箇所の違いです。そして土壌処理などです。

穿孔処理は予防消毒の場合は決まっているのですが、駆除の時はそれこそシロアリの通ったあとを追うような感じです。最後の土壌処理の時に薬を廻す時にも白蟻の侵入を想定して基礎と土台の間の細い所に薬剤上手く届けるようにしていきます。
例えば薬剤をかけている基礎の上の土台に白蟻が入っていればどの辺りまで白蟻が侵入しているのかということを初めのドリルで穴を開ける際に注意してみておきます。こうしたところが予防消毒と駆除消毒の違いです。

本日の施工に関してはそんな熟練作業的なところが必要でした。ちなみに施工者は筆者でした。