【株式会社あい営繕】庭・屋外でのムカデ対処法とおすすめ駆除剤

庭や家屋内で見かけることがある「ムカデ」。

ムカデは肉食なので、庭の植物を食い荒らすことはありませんが、庭の土や植物を隠れ蓑にすることは多いです。

放置しておくと家に侵入してきたり人やペットを咬んだりします。早急に対策しましょう。

 

今回はムカデ駆除を取り扱う害虫駆除業者の目線から、

  • 庭で出るムカデとその駆除方法について(基礎知識)
  • 庭や屋外で使える、おすすめのムカデ駆除剤(市販品、Amazonで買えるもの)
  • 庭にムカデを寄せ付けない方法

を解説・紹介していきます。ムカデの中でも、とくに「庭・屋外」にフィーチャー(特集)した内容です。

 

おすすめのムカデ駆除剤については、どなたでも買えるようにAmazonで買える商品のみ紹介しています。ホームセンターに置いてある商品より強力なものも紹介しているのでぜひご覧ください。

庭に出るムカデについて

庭の中でムカデが出やすい場所は?

 

ムカデは夜行性なので、普段は暗い場所に隠れています。

  • 植木鉢の下
  • 石の下、裏
  • 落ち葉の下
  • 木の幹周辺
  • その他日光が当たらない、じめじめしてそうな場所

自宅の庭の中でムカデが出そうな場所はどこかチェックしておきましょう。

何度もムカデを見かける方は、庭のどのあたりでムカデを見かけたかメモしておけば駆除の際の参考になります。

 

殺虫剤って薬害はないの?

庭で家庭菜園や園芸をしている方は、駆除の際に薬害が出ないか心配かと思います。

 

結論としては、植物に薬害が出る殺虫剤もありますので、その商品の説明文をよく読んでから使用してください。薬害の可能性がある商品の場合、「植物や観葉植物にかからないようにしてください」という旨の記述があるはずです。

 

また、外を歩き回るようなペットを飼っている場合も注意が必要です。ペットに影響がない商品も増えてきてはいますが、それでも薬害が全く0かというと難しいところです。こちらも同様に、説明文に記載があるかどうかを確認してください。

 

庭や花壇にムカデを寄せ付けない方法は?

なるべく植物やペットに薬害を与えないでムカデ駆除をしたいなら、「ムカデがそもそも寄り付かないような環境にする」ことです。

 

あらかじめ設置しておくことで効果を発揮する、いわゆる「罠タイプ」のムカデ駆除剤ならムカデの侵入を防げますし、罠タイプの商品は植物やペットに与える影響が比較的少なめです。当記事では罠タイプの商品、具体的におすすめなものを紹介していきます。

 

庭や屋外向き!おすすめムカデ駆除剤(市販)

おすすめのムカデ駆除剤を業者目線でご紹介。

どこに住んでいる方でも入手できるように、Amazonで買える商品のみを挙げています。

 

業務用殺虫剤「サイベーレ」

(画像:Amazon

 

サイベーレ」は業務用の殺虫剤です。

ムカデへの攻撃力・忌避効果ともに強力で、非常に信頼できる殺虫剤だと言えるでしょう。

 

使い方として、出てきたムカデに直接噴霧するのはもちろん、壁や床に噴霧しておけばそこを通ったムカデを倒す罠としても機能します。雨にも比較的強く、また希釈して使用するのでコスパもいい感じ。植物やペットにかからないようにだけ注意しましょう。

 

価格は薬剤だけなら約6,000円、噴霧器付きだと約7,000円です。

 

撒いておくだけの粒状ムカデバリアー「ムカデ博士」

(画像:Amazon

 

ムカデ博士」は、粒状のムカデ駆除剤です。薬剤が染み込んだ粒を撒いておくと、その上をムカデが通ったときにムカデの腹にある気門から毒が入り込みダメージを与えます。

 

粉末状だった場合、設置作業時に風に吹かれた粉末を吸い込んでしまうなどの危険がありますが、粒状のムカデ博士なら安心。雨による効果減退もなく、一回撒けば半年くらいは効果が持続します。コスパは非常にいいですね。

 

一箱10kg、10kgで20坪の家に使用できます。価格は10kgで約6,000円です。

 

毒餌タイプのムカデ駆除剤「ムカデコロリ(ムカデホイホイ)」

(画像:Amazon

 

ムカデコロリ」は、毒餌タイプのムカデ駆除剤です。匂いにつられてこれを食べたムカデが死んでしまう、オーソドックスなタイプ。一般に「ムカデホイホイ」というとこういった毒餌タイプか、後述するムカデカダンのようなタイプが想像されます。

 

ムカデコロリだけでは少々不安なところもありますので、サイベーレやムカデ博士にプラスでムカデコロリ、という使い方がおすすめです。サイベーレやムカデ博士で作ったバリアの内側にムカデコロリを設置しておきましょう。

 

雨に強い屋外用「ムカデカダン(ムカデホイホイ)」

(画像:Amazon

 

ムカデコロリよりも、より「ゴキブリホイホイ」感が強いのが「ムカデカダン」。ムカデの家みたいな罠があるタイプです。

 

効果はムカデコロリとほとんど同じなので、どちらがいいかは自由選択です。サイベーレやムカデ博士との合わせ技で使いましょう。

 

超音波でムカデ駆除!「超音波害虫駆除装置」

 

 

(画像:Amazon

 

超音波害虫駆除装置」というものもあります。

「モスキート音」といえばピンとくる方が多いのではないでしょうか。人間には聞こえないが、虫や害獣には不快な音を発生させる装置です。

 

家庭によって効いた効かないがハッキリしているのが特徴です。例えば、超音波の流れを遮る障害物が多かったり、庭が広すぎたりすると効き目が弱まるようです。

 

とはいえ、設置の手間がかからず、一度設置すればそのまま放置でいいのは大きなメリット。超音波装置だけあれば大丈夫とは言えませんが、他の商品と組み合わせて使うぶんにはいいでしょう。

 

この商品なら150平方メートルをカバーできて約2,200円。意外と安いです。

超音波発生機は様々なモデル・商品が発売されているので、ご自分で選んでみてください。

 

ムカデが寄りつきにくい庭づくりをしましょう

 

先程紹介した商品を使ってムカデ予防をするのはもちろん、そもそもムカデが寄りつきにくい庭づくりをしていくことも大切です。

 

岩や植木鉢をむやみに置きすぎない

ムカデは物陰、じめじめしたところに隠れます。とくに岩や石、植木鉢の下などは湿気もあって絶好の隠れ場所。もしあまりにムカデ被害が多いのであれば室内に移すなど検討すべきかもしれません。

 

室内に移す際は、土の中にムカデがいないか気をつけて。

ムカデでなくても、ゲジゲジやヤスデ、ダンゴムシが土の中に潜んでいる可能性もあります。

 

落ち葉はこまめに掃除を

ムカデの隠れ場所をなくしましょう。落ち葉は虫や生き物のベッドとなることが多いですが、その生き物を狙ってムカデがやってくる可能性も考えられます。

 

水回り・生ゴミを清潔に

バケツの水を流さずに放ったらかしにするなど、水まわりが汚いと不快害虫があっという間に増えてしまいます。ムカデに限ったことではありませんが、水回り・生ゴミには特に気をつけましょう。

 

生ゴミを肥料に変える「生ごみ処理機」を使うのもオススメです。エコに貢献できるということで、購入費用をいくらか負担してくれる自治体もありますよ。

 

手に負えなくなったら業者に相談を

庭を清潔にし、駆除剤をしっかりと使用していれば多くのムカデを自分で退治することができるはずです。しかし、

  • 正しくやっているはずなのにムカデの数が減らない
  • 家の中で何度もムカデを見る

という方は我々のような駆除業者にご依頼ください。

 

駆除剤を正しく使用しているのに効果がない場合は、他になにか原因があることが多いです。家のどこかで繁殖してしまっているなど。

 

駆除業者であれば、ムカデ発生の原因やムカデ駆除対策のご提案ができます。

 

調査見積もりだけなら無料でやっている会社さんも多いので(弊社もそうです)、遠慮せず気軽にご依頼いただければと思います。

 

まとめ

  • ムカデは夜行性。暗くてじめじめしたところを好む
  • 石や植木鉢の裏、落ち葉の下には要注意
  • なるべくムカデや他の虫が住みにくい環境を作ろう
  • 手に負えない、ムカデ発生の原因がわからなければ業者に相談を

 

ムカデは害虫のなかでもかなり危険な存在。

最悪命の危険に関わる虫ですので、危ない、自分では無理だ、と思ったらすぐにご相談ください。

 

弊社あい営繕では、
ムカデ駆除の調査見積もりは無料で行っております。
お気軽にお申しつけ下さい。

関連している記事