今日は草刈と枝きり

今日は便利屋で北九州市小倉南区M様邸で枝きりと草刈、費用は2名で27,500円でした。同じく小倉南区のK様邸にて枝きりの仕事を2名の10,500円でさせて頂きました。 はじめのM様邸では枝を暫く切ってないということで、枝が隣のお宅の屋根にかかりそうなくらい伸びていました。 隣との間に小さいですが用水路もあるので足場が悪くて自分たちで切ろうにも大変だからどうしたものかと思案していたとのことでした。写真は草刈の横に切った枝を置いたのですがけっこうな量になりました。

次はK様邸での同じく枝きりです。こちらは奥様がこちらはこれくらい切ってください。あちらはこれくらいと細かく指示がありましたので、それに応えておりました。奥様もご満足の様子でなによりでした。

 

【2021.5.10㈪ 20:10】この記事を読み返していたら、懐かしさのあまり追記をしました。この日時掲載の行より上の記事はタイトルや文章の記事は当時のままです。

 

これから先の記事は筆者岩永による、2021年5月10日㈪時点に追記した記事です。

 

2021年5月現在の世の中は、全国で新型コロナウイルスと同様に、他に変異した変異種の新型コロナウイルス感染者が増えて、福岡県でも明後日の2021年5月12(水)より緊急事態宣言が発出される予定です。

一日も早い収束を願うばかりです。

 

2021年5月現在の新型コロナウイルスに対する弊社の取り組み

 

「株式会社あい営繕」の前身、小倉営繕サービスのあの頃

法面をもろともせず草刈をする竹下さん、もちろん写ってはいない筆者の岩永が先頭をきってやってました!

 

廃材の処分を協力業者さんと一生懸命やってた頃の筆者岩永。

 

寒い一月は仕事が無かったな~

 

廃品の回収をさせて頂いて、この紙が売るとお金になると初めて聞いて喜ぶ筆者の岩永(売ったところで数十円か数百円程度だったと記憶してます。)

 

きつい草むしりで腰があまりにも痛くなったので横になって充電中の筆者岩永。

 

竹下さんと楽しい「えっちら!おっちら!」

 

久しぶりのシロアリ消毒で、床下から出たばかりの筆者岩永

 

田川のイエシロアリ駆除を、薬剤処理で頑張った時の現場で写る筆者岩永

 

どこ写ったか良く覚えていません。でも筆者岩永

 

久しぶりの仕事が庭の剪定、でもおどけたポーズで喜ぶ筆者岩永

10年前後位前のこの頃は、当時本業だったシロアリ駆除の仕事がたまにある位で、日々こうやって草むしりや枝切りなんかをやっておりました。

 

少ない仕事でもシロアリ消毒しか受けない同業者もいましたが、私は少しでも「仕事がない不安」から抜け出したくて「なんでも便利屋さん」を一生懸命やってました。

 

思い出すと、しみじみと懐かしさがこみあげてきます。この時の唯一の社員の松田さん、そのあとに入社してくれた竹下さん、彼らと汗を流してやる地味できつい作業は最高に楽しかったです。

 

仲間もお客様も、あの頃があって今がある。

株式会社あい営繕の今があるのは、松田さんや竹下さんが居てくれてたお陰です。松田さん、竹下さん有難うございます。いつまでもお元気でいて下さい。

 

そして何より当時よりお客様になって頂いた方には感謝しかありません。今があるのはあの当時に信用して仕事を下さった方のお陰です。

 

これから先、私も会社も元気でいられるように努めます。

関連している記事