夜中に屋根裏を走り回る小動物|【イタチ】が侵入する理由

夜中に屋根裏や壁の中を行き来している小動物、いつか居なくなるだろうと思っていたら、何だか近頃では物音がひどくなってきたような気もする。

そういえば、一匹のような気がしていたけど、屋根裏を走り回っているのは、どうも一匹と思っていたけど数が増えているような気がする。

そんなお悩みはありませんか?

考えられるのは、ネズミ?イタチ?アライグマ?ハクビシン?

※福岡県北九州市の小倉北区や小倉南区で、屋根裏での物音その物音の犯人は約90%がイタチです。

※=当社調べ。

げんに、害獣駆除の専門業者に寄せられるご相談の中で圧倒的に多いのがイタチの侵入による、物音や糞尿などの臭いの相談です。

イタチがわが家に侵入してくる原因

住宅の構造

日本の気候は四季があります。もっと言えば五季とも言えるほど、春・梅雨・夏・秋・冬という季節があります。

特に湿気の多い日本では、家の中に湿気を溜めないことが、家を清潔に長持ちさせる秘訣でもありました。

古くからの日本家屋では、床下は高床式で風が通り抜け、屋根も吹き抜けとなっていて湿気が溜まることもなく、家が長く頑丈であるように工夫されていました。

このように、もともと日本の住宅の作りは、風通しの良さを重視した作りになっていますので小さな動物が入れそうな穴がたくさんあるのです。

現代の住宅でも家の中に湿気を溜めないように各所に小さい穴は開けられています。

ごく最近の住宅では湿気を出すための穴を設けていても、ネズミやイタチが侵入しないようにアミ状のものを取り付けている穴も多くなっています。

それでも、リフォームをした後などに、イタチが侵入するようになってしまったというけーすもあります。

こうした湿気から建物を守る為に設けている風穴からイタチが侵入してくるというケースがあります。

イタチが外敵から身を守る為

遺体の外敵は、鷹、などの猛禽類です。住宅の屋根裏に入り込むと、このような外敵から身を隠すことが出来ます。

そうなると、春頃の赤ちゃん出産も、その後数ヶ月にわたって子育てをするのにも格好の場所なのです。

始めは立ち寄り先の一つに過ぎない

イタチが建物に侵入した場合、イタチは20か所以上の立ち寄り先の中の一ヶ所に過ぎません。

段々とその回数が多くなってきて、気に入った場所と判断すると、ネズミや小さい鳥、ザリガニやカニ等の餌を屋根裏に運んでねぐらとしてしまいます。

床下や屋根裏がオープンになっている、昔ながらの日本家屋ではネズミやイタチの侵入は今ほど問題ではなかったのです。

何故イタチが家に侵入すると困るの?

家の中に小動物が住んでいる事はどのようなマイナスがあるかを考えてみましょう。

糞尿などの害

フンや尿などが屋根裏や床下に溜まってきてしまうため非常に不潔な環境になります。アレルギーを起こしやすいという人の場合は、それが原因でアレルギー反応を起こしているかもしれません。

そうでなくても、強烈な獣の臭いなどが屋根裏や床下を通り越して部屋中にしてくるようになるために早急にイタチ駆除をした方が良いでしょう。

物音が気になって眠れない

さらには、動物が屋根裏や床下にいると物音がしますので、夜寝ている時などは集中して眠ることができなくなってしまいます。

これに対して天井板を棒でつついたり叩いたりしてみると、しばらく音は消えますが、忘れた頃になって再び走り回る音がすることも少なくありません。

ダニやノミの二次被害となることも!?

屋外に住むイタチです。体にはダニやノミが付着していることも少なくありません。

イタチが家に侵入したことにより、住んでいる人にダニやノミが付着してしまって家中の人がかゆみを感じるようになってしまった。という例もあります。

これは、北九州市の小倉北区や小倉南区でも例があることです。

自分で簡単にイタチを駆除したい!?

結論から言うと自分でイタチ駆除するとなると、なかなか実行できるものではありません。

なぜなら、かれらはわずか3センチ程度の侵入口があれば侵入できるのです。

自分で追い払うと言ってもそれすら難しいかもしれません。イタチとしても、よほどのことがない限りせっかく住み着いた自分の居心地の良い家に帰りたいと思うはずです。

たまたま、見つけた穴以外にイタチが侵入するところが無いという場合もあるかもわかりません。

ほとんどの場合、イタチも易々と(やすやすと)折角見つけて気に入っているマイホームを明け渡してはくれないでしょう。

住んでいる人にとっても、「許可なく侵入してくるイタチを家に入れたくない」というのはもっともなことです。

そこで、イタチと家の人との「イタチごっこ」が始まります。

イタチの侵入口を見つけてくれる専門業者

いたちの行動を手に取るように把握していなければそれを捕まえることが難しいからです。

その為にはイタチが侵入してくるイタチサインを見つけることが出来る専門行捕業者を選ぶことです。

福岡県北九州市の小倉北区や小倉南区では専門業者に依頼すれば、かなり高い確率で部屋の外に追い出してくれます。

それだけ、技術のしっかりとしたイタチ駆除業者がいるのも北九州市小倉北区や小倉南区の業者の特徴です。

専門業者に依頼したら100%すぐに結果が出るとは限りません。百戦錬磨の業者に依頼した後でも、イタチが再侵入するということもゼロではないのです。

それは当社が懇意にしていただいている害獣駆除業者さんと話していても、同じような話が出ることがあるのです。

行動パタンなどを読んで、イタチの嫌がる臭いを仕掛けたり、イタチが痛がる強烈な光を出したりして駆除するわけです。

こうしたことを行って専門のイタチ駆除業者はあなたの家から、イタチを追い出し再度家の中に入らないようにしてくれます。

自分でやることも一つのイタチ駆除を安い料金や費用で行うことですが、専門の業者に依頼することの方が料金的にも時間的にも早道の場合も多いのです。

まとめ

イタチ駆除は、情報をたくさん集めるためにも、問い合わせは数多くの業者に行って、応対の良い業者を2~3社に見積もり依頼をしてもらって、その中から料金や保証、そして自分との相性などから選ぶと良いと思います。

一日も早くあなたの家に棲みついてしまったイタチが居なくなって、もとの静かなイタチのいない家に戻ることを願っています。

関連している記事