床下調湿剤について

今日、白蟻薬剤や床下環境改善機器を仕入れているいつもの業者の方が当社事務所に久しぶりに来られたので薬剤や機器、床下調湿剤等について話した。

話は膨らみ、東京電力福島第一原発の事故による放射能漏れのことも話を交わした。関係者の方の事故収束への努力に最高の敬意を表するものだがその中で使われているものにゼオライトという天然鉱物がある。

漏れた放射能汚染水の吸着に使われたのだが、このゼオライト。実は床下でも湿気の多い土壌の湿気を吸って発散を繰り返すことによって床下湿度を下げてくれるものです。

床下の調湿剤というと床下土壌に敷設したら、発散より吸着の方がはるかに強いために敷設物そのものにカビが生えて逆効果だったとか、かえって湿気が多くなったとか聞いたりもする。その他、効果無視の悪徳業者が必要以上の量を売ったり、法外な単価で売ったりしていたため悪徳業者の道具みたいにも言われたりもしていた。

しかし、正しい使い方をしてそれで、湿気が少なくなり木材腐朽や白蟻がつかなくなればそれに越したことはないというお互いの話で落ち着いた。なにより効果がないと意味がない。