茶色のハネアリ大量発生情報!第2弾

  • 2018年06月08日

「昨夜は電気の灯りが見えない位に茶色のハネアリが出ました」

これは翌朝になる昨日に北九州市八幡西区のお客様の家の玄関で、ご主人様がお話になった言葉です。イエシロアリのハネアリは数が大量というのが特徴です。

シロアリ駆除の専門業者に調べてもらいましょう。

家の中から出たハネアリなのか、外から飛んできただけなのかは大変気になるところだと思います。「いずれそのうちに調べてもらおう」の先延ばしはなかなか問題解決にならないと思います。

この時期に茶色のハネアリはイエシロアリ

この時期に福岡市や北九州市でも飛んでいる茶色のハネアリはイエシロアリのハネアリでシロアリです。加害速度が速く被害も床下だけでなく天井裏に及ぶのが特徴です。屋根の被害となると雨漏れの原因になってしまうこともありますので早めのシロアリ点検が必要です。

今月、お問い合わせをいただいたお客様の中で、自分の家にシロアリが出てしまったお客様の中には「5年位前からシロアリ業者さんに調べてもらおうと思っていてそのまましていた」という方もおられました。

床下のシロアリ点検で雨漏れがわかることもあります

シロアリ駆除業者にお問い合わせするのは面倒かもわかりませんが、単にシロアリ調査といっても、排水の漏れや床のブカブカの原因などがシロアリ被害でなく床板の経年劣化だけだっとので安心した。という例もあります。

その他、この梅雨時期です。雨水が壁の隙間を通って床に侵入していたのが分かったという場合もあります。大切な家を支えている「家」に病気がないかどうかの診断を受けてみましょう。

※床下点検でわかることのページに詳しく書いています。ご覧ください。