建築デザインの会社様より白ありの調査依頼


数日前に北九州市小倉北区の建築デザインの会社様よりシロアリの調査依頼を承りました。有難うございます。建築デザインの会社様へそちらのお客様から「しろありの 羽アリが出るので一度見積りをお願いしたい。信用のある業者に来てもらえませんか?」というご依頼があったそうです。色々とネットで調べて「ここがいいんじゃないだろうか。」と言うことで弊社あい営繕にお電話を頂きました。身に余る光栄です。どうも有難うございます。

 

早速業者様と、お伺いすると施主様からは「二階の部屋で羽ありが出るので心配している。」ということでした。私は「雨漏れはありますか?ヤマトシロアリでしたら雨漏れがなければ急に天井に白あり被害がまわることはありません」と申し上げました。

 

早速床下から点検です。これからやっていくしろあり調査の手順は

①お部屋を拝見しながら図面を書く

②外回りをシロアリ点検する。

③床下のシロアリ点検をする。その場合、先ほど書いた図面をある程度頭に入れておいて、侵入できない個所はないかをチェックする。

④上がってきて説明する。

という具合にすすんでいきます。

 

結果しろありはこちらのお客様宅にしろありは未だついていませんでした。ただ、過去に入っておられる業者様は一か所ハツリ忘れがあられたようでした。しろあり業者がハツリをして入っていって消毒することには、最近は賛否両論があります。ハツルと基礎が弱くなるという人もいれば、ハツラズにそのまましていると施工していないその個所からまた、白ありが出ることになってお客様にご迷惑をかけることになる。だから、ハツリは必ずやるべきだという業者の考え。もちろん、すべての決定権は施主様にあるのですが、施主様もしろありの心配がないようにしたいというのがご意向でしたのではつらせて頂くようにしました。

 

建築デザインの会社様が「いい業者を選べて良かったと言って頂けるようにきちんとした施工をしてまいります。