イエシロアリの多い戸畑区牧山地区と八幡東区荒手地区

イエシロアリの駆除施工に入らせて頂きました。本日のお客様も北九州市の戸畑区牧山地区・八幡東区荒手地区方面のお客様でした。今年は上記地域のお客様で6月のイエシロアリの羽ありの飛び出しもそうですが、この9月、10月もお問い合わせを頂き駆除施工させて頂いた件数が今年は多いです。

 

毎年、上記地域のお客様からは6月に茶色の羽ありのお問い合わせを頂くのですが、羽ありが済んでからの時期でネットからのお問い合わせが多いのは今年位ではないかと思います。

 

本日のお客様宅は床の被害が多いお客様です。

 

荷物を動かしたところにはイエシロアリの

 

「荷物を動かしてみると土が付いていて白い虫がいっぱい動いているんやけど白ありやろか???」

 

これがお客様のお問い合わせの時の、第一声でした。殺虫剤はまかないようにしておいて下さいと、お願いをしていたこともあって今日のイエシロアリは涼しくなったこの頃の気候でも運動会状態で活発に動いていました。

 

ベイト剤での処理をさせて頂いたのですが、この時期のイエシロアリのベイト剤の施工は一冬越すようになります。来年の6月7月頃が完了の予想の時期となります。牧山地区荒手地区だけということは、もちろんありませんけど上記の地域のお客様はご無理がきけば、白ありが付く前の予防のうちからの消毒をご検討下さいませ。