スズメバチ駆除では巣を取り出せないことも


北九州市門司区のスズメバチ駆除依頼

北九州市門司区でスズメバチ駆除のご依頼でした。ホームページを見て頂いての依頼でしたがこれには訳があったようです。お客様はスズメバチが我が家の軒先に出入りしているのをビックリしてインターネットでハチ駆除の業者をさがされたとのことでしたが、業者をさがして最初に電話したところは、お客様いわく「対応がデタラメヤ!ありゃサービス業じゃないわ!」とのことでした。「対応が悪いけあそこには頼まん!」と言われてました。私が「どこですか?」と聞くとお客様も常識的な紳士ですね。「まぁ、番号は控えとるけどね!名前は言わんとこう。」とのこと。でっ、次に電話した弊社に仕事が来たということです。

 

駆除はムース(泡)状の駆除剤を使用しました。

 

 

動画でご覧ください。

 

ハチは軒先からの出入りが分かっても巣は見えず

軒先からスズメバチ(キイロスズメバチ)が出入りしているのは分かるのです。でも巣がありませんので屋根裏(小屋裏)に入る必要があるのですが、こちらのお客様宅では小屋裏の高さがありませんので人が入っていけるスペースはありません。他の侵入口から巣に近づけないかと家のご主人様と色々と探したのですが見つかりませんでした。

 

 

ご判断をお願いします

このままの状態にしておられてもハチは一年制ですので、11月の終わりごろ、又は12月の初め頃にはハチはいなくなります。ですので刺されないということが大丈夫なら遭えて今、どうしても処置をしなくてはいけないということではないのです。でも、ほとんどのお客様は「うちよりもご近所様に迷惑になったらいかんので駆除して下さい。」と言われることもあります。天井板は剥いででも駆除をしてくれと言われることもありますが本日の現場では「出来る範囲で」ということになりました。

 

防護服を着て詳しく視るのは有料点検です

お客様に申し上げさせて頂きました。「防護服も何も来ていない状態なら現場調査は無料です。ですので今の段階では無料調査です。でも、屋根裏を見たり、外のスズメバチが出入りをしているところを詳しく確認するとなるとハチの近くに寄る必要があるので防護服が必要となります。その場合は調査料10,800円(税込)が発生しますが如何いたしましょうか?」と申し上げましたら、「お金がかかってもいlいのでやってくださいというご依頼でした。それでは早速始めます。ということで最初に写真を出していたように出入り口をムースの殺虫剤で吹き付けておきます。これでここを出入りするハチは死んでしまいます。

 

 

 

 

この後にエアゾールの殺虫剤で更にハチの数を減らします。最後にお客様の方からスズメバチ出入りの穴をウェスで塞いでおいて下さいとのご要望でしたのでその作業をさせて頂いて完了です。

 

どうも有難うございました。蜂駆除のご依頼がありましたら下記の電話番号へどうぞ。