八幡西区のスズメバチの巣は5段の層になってました


連日スズメバチの駆除依頼が多く寄せられるのですが、本日のハチ駆除を行わせて頂いた中の一軒様は北九州市八幡西区にて天井裏にできたスズメバチの駆除と巣の除去でした。こちら様ではハチの巣の層が早くも5段に出来ていました。梅雨明けもしたこれから、蜂の巣は日に日に大きくなっていきますので早い段階での駆除がだいじです。屋根裏へは押入れの上の天袋から入ります。巣へは足場板2枚を巧みに使って近づきます。そこは白あり屋の成せる技なのです。

 

スズメバチの巣の方を見るとかなり大きくなっているのが見てとれます。

 

近づいて見るとこんな具合です。

 表皮を剥ぐとこの通り

表皮を剥ぐと5段の層になっていました。このなかの幼虫達が働き蜂になって巣は活発になっていきます。これからの時期が特に刺される可能性も高くなっていきます。

 

スズメバチを見たら危険ですので専門業者を呼んで駆除を依頼しましょう。

 

駆除料金はトップページにも掲載していますが、詳しくは下記のページにも書いています。良かったらご覧ください。

 

スズメバチやアシナガバチ、ミツバチの駆除料金はこちらです。