輪廻転生(リンネテンセイ・リンネテンショウ)

今日は北九州市内であちらこちらと移動しての作業でした。ハチ駆除で小倉南区と門司区。雀の救出作戦で小倉南区での作業をさせて頂きました。門司区では、スズメバチです。未だスズメバチ達は元気に飛び回っていますがあと、一か月もすれば女王蜂以外はいなくなります。
無事に駆除も完了して後は同じく小倉南区にてスズメバチの駆除作業をさせて頂きました。

最後はスズメバチではなくて、本当の雀です。こちら様は以前、ご自宅をシロアリ消毒で施工させて頂いているお客様です。昼前に一旦様子を見に行って夕方になって作業にお伺いさせて頂きました。ドア枠の隙間に雀が落ちて、見えない隙間の中で羽をバタバタさせていて可哀想だから助けてあげたいという御用望でした。

お客様は、サッシ屋さんにもドア枠を外せるものなら外して助けて欲しいと仰ったとのことでした。私も奥さんの優しいお気持ちに触れ、何とか助け出したいと思いました。出来れば生きたまま。

あれこれ考えましたが、作業はタコ糸の先に小さい懐中電灯を取り付けてネズミ捕獲用の粘着シートを懐中電灯の先に取り付けて下に落ちた雀を出そうとしました。

取り出した雀君は残念ながら死んでしまってました。
取り出した雀を見て奥様は「可哀想にね、羽に付いているべっとりしたものはとってあげましょうよ。また生まれ変わる時があるからね。」とのことでした。愛おしいように雀をテッシュできれいにくるんであげておられ、「未だ温かいよ、可哀想にね。」奥様の優しいお気持ちに触れて私も新鮮な気持ちでした。

私は「まぁ、奥さん!焼き鳥にならんやっただけよかったやないですか・・・」言ってる自分が恥ずかしかったです!

奥様は「私は輪廻転生を信じているからね。生まれ変わりはあるよ。うちの、今飼っているワンコは以前飼っていた犬に良く似てるねと家族で言っていたんよね、そしたらあとから血統書を調べたらひ血のつながりがあったよ!ひ孫というのがわかってびっくりしたのよ。」「九州のワンコと遠く離れた所のワンコがねぇ。」

やっぱり輪廻転生(命の生まれ変わり)はあるんですね。全ての命が、輪廻転生。