西日本新聞での広告について

  • 2019年04月13日

イタチ・ネズミ・ハクビシン・アライグマ等の被害が大変多くなってきています。

 

特に、北九州市ではイタチ被害。京築・筑豊地区ではアライグマの被害。これらによるお問い合わせが大変多くなってきています。

 

そこで今回西日本新聞にて、【北九州・京築版】及び【筑豊版】で写真のような広告を、明日4月14日㈰以降、掲載いたします。

 

害獣侵入でのお困りがありましたらお気軽にご相談ください。

 

天井裏(屋根裏)に知らない間に侵入して、物音以外にも、建物被害・衛生面での多大なる被害をもたらすイタチ・ハクビシン・アライグマ・ネズミ等の害獣侵入を放っておくと、取り返しのつかないことになる場合もあります。

 

解決の為には、一般社団法人 福岡県ペストコントロール協会、及び公益社団法人 日本ペストコントロール協会の正会員事業所で、年間500件以上の実績のある弊社にお気軽にご相談ください。

 

【屋根裏で物音がしたら夜中に動き回る害獣イタチの生態と被害】のページで【イタチが人間にもたらす被害】を記載しています。こちらも、よろしかったらご覧ください。

関連している記事