土の中のオオスズメバチの駆除を北九州市小倉南区にて

今日は12月5日、HPからお問い合わせ頂いていた小倉南区のお客様宅でオオスズメバチの駆除をさせていただきました。ご主人様が草刈をしていて、土手からいきなり出て来たスズメバチにお尻を刺されて病院に行って大変だったと以前の事を話して下さいました。写真はハエタタキで落としたハチ君の撮影です。
早速、防護服を着た2名で巣の近くにいきます。

土を掘り起こしながら観ていくとありました、オオスズメバチの巣です。

オオスズメバチの巣の除去は掘り出すのに手間をとります。途中、刺されないように数を減らそうとして殺虫剤やハエタタキで対戦しますが数が多いので大変です。12月の5日でも、かなりの数がぶんぶん羽音をさせていました。更に苦戦しながら巣を出します。
こちらです。でも、無事に駆除は終わり、お客様も「ほ~、巣は大きいね!」と感心しておられました。しゃ、写真撮っていい?とのことでしたので、どうぞどうぞと撮っていただきました。
そこをまた、私共は写真を撮らせて頂きました。スマホで写真を撮っておられるのはお客様です。

本日もお疲れ様でございました。北九州市のハチ駆除チーム!小倉営繕サービスからでした。