床下の基礎の補修工事を北九州市門司区にて

今朝はかなり冷えて寒かったですね。確か7℃とか言ってましたね、寒い筈です。今日は門司区M様邸にて基礎の補修工事をさせて頂きました。 施工前にご主人様から写真を撮ってもらいました。 折角の布コンクリートもヒビが入れば強度も弱くなってしまいます。 ひび割れのところに「アラミド繊維シート」を貼ります。 この上に更に樹脂を塗ってシートを含浸します。それで硬化したらできあがりです。公共工事等でも取り入れられている実績があり、高効果が期待できます。構造物補強剤、補強工法にもPATが付いています。PAT.3806039・PAT.3872986・PAT.3964883

関連している記事