一戸建ての鳩駆除は自分でできるの?被害と対策の概要を業者が解説

一戸建て住宅に住んでいるけど、朝から晩まで鳩の鳴き声がうるさい

 

屋根に大量の鳩がいるし、物干し台にとまっていることもある

 

騒音はもちろん、ベランダや室外機の上に大量の糞があると、毎日掃除をしてもキリがない

 

このような鳩の被害に悩まされていませんか?公園で見る鳩は可愛いですけど、自宅に住まわれるととても厄介です。

 

せっかく購入した一戸建てマイホームであれば、汚される前に早急に駆除したいですよね。

 

本記事では一戸建てに住んでいる方の鳩駆除について分かりやすくまとめています。

 

この記事を読むと以下のことがわかります。

 

・一戸建て住宅の個人ができる鳩駆除のやり方

・一戸建て住宅の鳩駆除を個人でできるのか、業者に頼んだ方が良いのかの見分け方

・鳩駆除の業者を選ぶ際のポイント

 

「駆除の方法」「業者の選び方」など一戸建ての鳩駆除についてお悩みの方は、ぜひご一読ください。

 

あい営繕【鳩駆除】の総合ページ

一戸建ての鳩駆除は自分でできるの?

一戸建て住宅にて鳩被害に悩まれている場合、自分で駆除ができるものなのでしょうか?

 

結論を先に言いますと「初期の段階であれば可能」です。

では、自分で鳩駆除ができる範囲と具体的な方法について見ていきましょう。

 

一戸建てで鳩が棲みつきやすい場所は?

まずは一戸建て住宅で、どこに鳩が棲みつきやすいのかを知っておきましょう。

 

・ベランダ

・屋根裏

・屋根上(特にソーラーパネルと屋根の隙間)

 

外敵や風雨から身を守れる、安全な場所に棲みつきやすいのですね。

 

自分で鳩駆除ができる段階と具体的な駆除方法

自分で鳩駆除ができる段階は「鳩に棲みつかれる前」になります。

 

・明るい時間に短時間の羽休めをする程度(夜にはいない)

・糞や騒音被害も少ない

 

まだ鳩被害がこの程度であれば、ここから棲みつかれないように対策を行いましょう。

 

自分でできる対策には以下ものがあります。

 

・糞の掃除:糞を放置しておくと、臭いによって「ここは自分の場所だ」と鳩が認識しやすくなります。

 

・忌避剤(スプレー):ベランダの手すりや庇、室外機、ソーラーパネルの下など鳩が休憩しやすい箇所に吹きかけておきます。揮発性になりますので、繰り返して吹きかけてください。

 

・防鳥ネット:ソーラーパネルの隙間に鳩が入れないようにネットを張ります。

 

・剣山、ワイヤー:鳩が止まって休められる箇所に剣山やワイヤーを張っておくのも鳩を追い払うのに効果的です。

 

とにかく、この初期段階でしっかりと鳩を追い返し、自分の家が鳩にとっての安心できる場所にしないことが重要となってきます。

 

鳩はあなたの家が安全で、追い払われることがないと分かれば棲みついてしまいます。

 

鳩に棲みつかれると自分では駆除が難しくなる

素人でできるのは初期段階の「鳩よけ」に限ります。

 

初期段階でうまく対処できず、以下の段階になると、素人が追い払うのは困難になります。

 

・昼から夜まで長期滞在

・早朝、夜の騒音

・大量の糞

・巣が作られている

 

鳩は執着心が強く、「一度作った安全な場所」からはなかなか離れようとはしません。

 

また、鳩は「鳥獣保護管理法」で守られています。

うかつに鳩やヒナ、タマゴに危害を加えたり、無許可で捕獲したりすると法律で罰せられてしまうのです(1年以下の懲役。100万円以下の罰金)

 

「どうしても自分でなんとかしたい!」ということであれば、行政から駆除の許可をとることもできます。しかし、駆除するためには高所での作業が必要になりますので、危険が伴いますよね。

 

たとえ、一度追い出しに成功しても、鳩は帰巣本能がとても優れていますので、再度寄りついてくる可能性も高いです。

 

もし昼間の短時間に羽を休める程度ではなく、ガッツリと鳩が屋根に棲みついてしまった場合は、きちんとした駆除業者にお願いすることをお勧めします。

 

一戸建てで屋根の鳩駆除が遅くなることによる弊害

鳩が徐々に自宅に棲みついてくると、早急な対応が必要となってきます。

なぜかというと、鳩駆除が遅れれば遅れるほど以下の弊害が生まれてくるからです。

 

・糞による健康被害

・どんどん増殖してしまう

 

屋根に棲みついた鳩の糞による健康被害

鳩の糞には、「サルモネラ菌」「トキソプラズマ」といった食中毒の原因となる菌や、吸い込むと肺炎を引き起こす「真菌類」「オウム病クラミジア」、アレルギーの原因となる「ダニ、ノミ、シラミ」などが含まれています。

 

ベランダや庭などに鳩の糞が大量にあると、景観を損ねるし、臭いもきついですよね。ただ、見た目や臭いだけではなく健康への影響も出てくるのです。

 

特に免疫力の弱い子供やお年寄りがいるご家庭は注意が必要です。

 

屋根に棲みついた鳩を放置するとどんどん増殖してしまう

鳩は真夏を除いてほぼ一年中、繁殖シーズンとなります。年間で7、8回卵を産むこともあり(一回につき生む卵の数は2個です)、とても繁殖スピードが早いのです。

 

様子を見ようとしていると、あっという間に鳩の数が増えて手に負えない状況になってしまいます。

 

屋根に棲みついた鳩駆除の業者を選ぶ際のポイント

鳩駆除を業者にお願いするとして、今度は「どう業者を選べば良いかわからない」という新たな悩みが生まれますよね。

 

残念ながら、業者によって技術レベルが様々ですし、悪徳な業者もいます。そんなハズレの業者を選択しないためにも、以下のポイントを確認してみてください。

 

・施工の実績

・保証、アフターフォローがしっかりしているか

・費用が適正かどうか

・鳩駆除の認可を受けているのか

 

それでは細かく見てみましょう。

 

鳩駆除施工の実績を確認

業者といっても、経験や技術がない場合もあります。

 

「自分の被害状況と似たケースへの対応実績はあるのか」をご確認ください。施工の内容はもちろん、「一戸建てなのか」「マンションなのか」など鳩駆除をしたい建物の種類、規模などもしっかりと確認してください。

 

保証、アフターフォローがしっかりしているか

鳩駆除は一度やれば終わりではありません。施工後の状況をチェックし、必要があれば再度対処していく必要もあります。

 

「◯年間保証」や「十分な効果が見られない場合は無料で再度施工を行う」などアフターフォローがしっかりしている業者なら安心です。

 

鳩駆除費用が適正かどうか

残念ながら、相場がよくわかってない人に高額の料金を請求する業者もいます。しっかりと相場を把握し、作業内容や保証など他社とも比較しながら選ぶようにしましょう。

 

また、実際に作業がはじまった段階で、例えば「高所だから特別に料金がかかります」といったような追加料金を請求してくる業者もいます。

事前調査を入念に行い、見積もり料金以外の請求が発生しないのも業者を選ぶポイントの1つとなります。

 

まとめ:一戸建ての屋根に棲みついた鳩駆除は早めに行うことが大事!

・一戸建ての鳩駆除で、個人が対応できるのは初期段階の「鳩よけ」だけである

 

・鳩駆除の方法は「糞の掃除」「忌避剤」「防鳥ネット」「剣山」「ワイヤー」などがある

 

・「夜も鳩がいる」「大量の糞がある」「巣がある」など鳩が棲みついてしまうと、個人での対処が困難となる

 

・鳩駆除が遅れれば遅れるほど、鳩はどんどん増殖し、大量の糞による健康被害も起こり得る

 

・鳩駆除の業者を選ぶポイントの紹介

 

鳩の糞は臭いや見た目だけではなく、病原菌や害虫、アレルギー物質の発生源となり、健康への被害もあります。

 

また、鳩は繁殖力が強く、放っておくとあっという間に数が増えてしまいます。

 

こちらの記事を参考に、鳩被害にあわれている方は早急に対処を行うようにしましょう。

関連している記事