床板補修を門司区にて

今日は床板の補修を北九州市門司区にて施工させて頂きました。シロアリかも?とご心配しておられたお客様でしたが、先日床下調査をさせて頂きましたら、シロアリではなくて、根太と根太の間で板が劣化してきた為にフワフワしていました。早速本日は床板補強です。

まず、ボンドを板につけて

そして板の裏側にあてがいます。両脇を根太で固定してコーススレッドで固定!これで完了!でも、もう少し言えば入れた根太の下に根太受けを作っておけばもっと頑丈なのですが・・

この方法はあくまでも簡易的です。一番良いのは床板を頑丈なフローリングに貼り直すか、現在の床板の上に増し貼りをするのが一番です。ただお客様の中には床板を貼りかえると金額も高くなるので、応急処置でいいから直して欲しいと思っておられるかたもおられます。こちら様の床板補修の施工金額12,600円でした。