床下の湿気はこうです


今日は7月5日(火)です、梅雨の合間の晴間とでも言いましょうか、今日は一日中天気が良かったですね。洗濯物もよく乾く一日でもありました。

私は今日、戸畑区のE様邸にて床下の調査見積をさせて頂きました。しろありではありませんが黒アリが二日ほど前に台所で行列を作って歩いていたので気持ち悪いから診てもらいたいというものでした。

早速床下に入るとモワ~ッとした感じでした。蒸れた湿気ですね。でも目的が黒あり探しなので黒アリの蟻道がないかを探しました。シロアリとは違って柔らかい蟻道を作りますので既に蟻道があるのではないかと思い、探しましたがありませんでした。

それにしてもブロック基礎にも束柱にも湿気がベッタリでした。写真は水道管の表面に付いた結露です。梅雨という季節は建物を傷める時期でもありますね。昔ならこの梅雨が終わると家族揃って畳を表に干して畳の裏をパンパン叩いて綺麗にしていました。ところが今はそれをしませんので、いつも湿気ているという状態のお宅も中にはあります。

このブログをごらん頂きました方も一度御自身ででも、小倉営繕サービスにご依頼頂いても、一度この時期に床下調査をなさることをお勧めいたします。何もなければそれに越したことはありませんし、何かあるかもわかりません。