イタチと思ったらコウモリでした

  • 2018年11月15日

福岡市東区のお客様より、天井裏の物音がするのでイタチ等の小動物が侵入しているようなので調べて下さいというお問い合わせでした。

現地を調べさせていただくと、様子がいつもと違いました。まず、足跡が見当たりません。フンもなく天井裏はきれいでした。

イタチかもというお問い合わせでしたので、そのつもりでお伺いさせて頂いていたのですが、お客様のお宅を調べさせていただき、イタチやネズミの形跡は発見できませんでした。

そして、調べ勧めると屋根裏の奥の方に黒い物体がぼんやりと見えて、天井裏の板に気を付けながら近づいてみると、それはなんとコウモリでした。

 

遠くにぼんやりと見えています。

 

近づいて分かったのはコウモリでした。

弊社ではコウモリも対策として追い出しを十分に行ったあとに侵入口封鎖を行います。コウモリは冬が近づいた今でも気温が高いと餌を取りに活動しています。

冬眠前のひと頑張りというところと思いますが、被害を最小限にとどめるためにも早めのこの時期でも早めの対策が功を奏します。

お客様へのご報告の際に「奥さんイタチではなくてコウモリでした」と、報告させていただくと「あっ?コウモリ?イタチやなくて良かった~」と、おっしゃいましたが、コウモリも侵入口をしっかりと封鎖していく作業がむずかしくなります。

お客様にご安心して頂けるようなご提案をさせていただきます。

関連している記事